ようこそナルニア国へ

制作 : ポーリン ベインズ  Brian Sibley  Pauline Baynes  中村 妙子 
  • 岩波書店
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155259

作品紹介・あらすじ

壮大な空想上の国ナルニアをつくりあげたイギリスの大学教授C・S・ルイスはいったいどういう人だったか。どのようにしてナルニアの国を思いついたか。読者からの数々の疑問に写真やイラストレーションで答える、子どものためのルイスの伝記。コンパクトにまとめたナルニア国の全貌やルイス自身がつくった年表もそえました。小学五・六年以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナルニア国物語の解説と7つのストーリーのあらすじが書かれている。

    ナルニア国物語の導入本としても、7巻読了後に読んでも理解が深まっていいと思う。

  • n.

  • ナルニア国の創生者アスランがかっこいい。指輪物語のような練り上げられた世界と言うよりは、ぽんぽんと想像に花が咲いた愉快な世界観。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家、アナウンサー、放送作家。著書に『クマのプーさんの世界』(2003年、岩波書店刊)など。ほか、『クマのプーさんスケッチブック』(1995年、ブックローン出版刊)と『The Pooh Book of Quotations(未訳)』(1991年)を編纂。ミルンとシェパードに関する評論、講義、放送も手がけた。

「2018年 『世界一のクマのお話 クマのプー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブライアン・シブリーの作品

ツイートする