魔法のカクテル

制作 : Michael Ende  川西 芙沙 
  • 岩波書店
3.68
  • (42)
  • (60)
  • (99)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 513
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155280

作品紹介・あらすじ

大晦日、魔術師イルヴィツァーは大魔王からの命令(大気や川を汚染し疫病をはやらせることなど)が果たせずいらいらしていた。そこへ伯母の魔女が突然あらわれ、協力を申し出た。伯母の魂胆は?二人の悪知恵合戦。小学4・5年以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きな本には哲学が詰まっていることが多い。
    この物語もそう。
    作者の人柄が優しく子供たちに語りかける。
    もしかしたら作者の平和への願いは、時代を超えて広がり続けているのではないか。

  • 魔法のカクテルをめぐる魔術師と魔女の一悶着。
    または猫と禿げカラス。
    タイムリミットは新年の午前零時。
    自然破壊、お金、権威欲、相手を陥れようとすること。
    ファンタジー(メルヒェン)の中に潜む現実世界。
    幸福な世界とは?

  • たぶんこれで3回目。忘れた頃にまた読んでる。言葉遊びが楽しい。

  • 「モモ」から始まり、ミヒャエルエンデの本を読もうと思って手に取ったうちの一冊。

    最後は読んでいて、こんなことが実際に起こったらよいのになあ、と感じた。

  • この本に限らず、海外の本でよく出てくる「リューマチ」という病気は一体なんだろう?と思っていた。
    動物たちがただメルヘンなだけでなくて、病気をしていたりちょっと小賢しかったりズルかったり、はたまたおバカさんだったり、「生きている」感じがして楽しかった記憶がある。

  • 昔読んだ本

  •  エンデは一通り読んでおきたい作家。読んでおくべきだと勝手に思ってる作家。

     基本的に発想がおかしい(褒め言葉)。
     だからおもしろい。
     児童文学、になるのかな。その割にはわかりやすく、悪徳業者滅びろってゆってっけど。環境破壊や密猟をやめろっていうのは分かるけどね。商売系を絡めてくるのは斬新だと思いました。黒魔術師と魔女のたくらみを、いろいろと残念なにゃんことカラスが頑張って破ろうとするお話。
     児童文学系って音の面白さや、言葉の面白さが盛り込んであるものが多いから、やっぱり原文で読めたらもっといいんだろうなぁ。何人だっけね、このひと。ドイツ? ドイツ語かぁ……。
     子供のうちに読んでおきたい話、でも大人が読んでも面白い話、そういうのがいい。
     抜粋。黒魔術師について。

    黒魔術師の権力は、すべて強制によっているからだ。生き物はおろか、物ひとつ自ら進んで黒魔術師につくそうとするものはないだろう。だから黒魔術師は身のまわりのすべてのものをたえず魔法の力で服従させておかなくてはならない。


     ちなみにこれ、本の外箱によると小学四、五年以上推奨らしいです。

  • カクテルていうのがいいよね~。

  • 卒論で使用。

    小学生のときから何度も繰り返し読んだ。
    大学入学の決め手もこの本だった。

    空想と現実が絶妙なバランスで解け合わさった、エンデらしい本。
    言葉遊びは原書で読んだほうが面白いが、翻訳はすごく頑張ってると思う。

  • 確かカラスがでてくる。音符のキューブが出てきた気がする。ものっそうろ覚え。でもなんだか読んでてワクワクして楽しかったのはおぼえてる。

全30件中 1 - 10件を表示

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
コルネーリア フ...
宮部 みゆき
ミヒャエル・エン...
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
森 絵都
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法のカクテルを本棚に登録しているひと

ツイートする