愛蔵版 モモ

制作 : Michael Ende  大島 かおり 
  • 岩波書店 (2001年11月12日発売)
4.30
  • (92)
  • (31)
  • (42)
  • (0)
  • (0)
  • 397人登録
  • 51レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155679

愛蔵版 モモの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本の分類は、確かに「児童書」だ。
    でも、どうしたら幸せになれるのか、知らないままの大人は読むべきだ。

    みんな、時間どろぼうに騙されるな。
    「もっと給料が良ければ」「もっと美人ならば」「もっと、もっと、もっと」
    「もっと~なら・・・幸せになれる」
    そんなことは、嘘だ。

    今、ここにいる、今の自分の幸せを感じてごらん?
    そんなことに、この本を読むと気付けると思うよ?

  • 通常版を持っていて、子供の頃の愛読書だったが実家においてきてしまった。
    ある日電車の中で男の人が読んでいた本が、真四角でオレンジ色で装丁が美しくて目をひかれた。
    彼が本を閉じると表紙にMOMOとあったので、調べてみたらこの本で、早速買って読んだ。

    何度読んでも、良い本は良い。
    あの頃感じた怖さや悲しさや美しさ、楽しさが、今でも同じように感じられる。
    しかし、どちらかというと小さい頃は灰色の男たちへの恐怖と
    ひとりで成し遂げなければならないことへの不安が強かったけれど
    今読むと人間たちの方に感じる恐怖の方が強い。
    悪い意味で、大人になってしまったからだろう。

    あとがきにもあるが、これは過去の話とは限らない。
    寧ろ、今の日本がちょうどこんな感じではないだろうか。
    休み時間も遊ぶ内容が決められていて
    休みの日には先生と会えないし連絡先をきいてもいけない
    なんていう最近の学校なんて、こどもの家を笑えない。
    あくせく働いてとげとげしている満員電車や雑踏も、こんな感じだ。

    花を見て音を聴けば、時間を大切に思えるのかもしれない。
    美しく咲きはかなく散っていくこの世のものとは思えない
    自分だけの花。
    それが毎時間生まれては死んでいくのだと思えば
    灰色の男たちのいう無駄とは別の意味で
    時間を無駄にしてはいけないと本当に思うだろう。

    灰色の男たちは時間を殺して摂取するところが本当に酷いのだけれど
    とても哀れでもある。
    そして我々人間は、彼らを生み出しつけいる隙を与え
    生きた時間を生きたまま殺すようなひどい無駄をしている。

    時間の大切さを考えるとき、この本を思い出す。
    今日も24本の花が、美しく咲いたのだろう。
    ふたつとして同じものが無いその花を
    私はどう扱っているだろうか。きちんと生かしてやれているだろうか?

    そんなことを思う。

  • 第一級の児童文学です。

    50年先、100年先にも読み継がれていくだろうと思います。

    そのころクルミドコーヒーはどうなっているのでしょうか。

    カフェで読むには長いのですが、いつまでも置き続けるつもりです。

  • 所有することにこだわりはないので、大体の本は売ってしまいますが、この本は特別です。
    作者のメッセージが時代を超えて広がるといいな〜。

  • ずっと読みたいと思っていてやっと読めた作品。今この時に読めて本当に良かった!児童書だけども大人に読んで欲しい本だなあと思います。

  • 愛蔵版の初版が古書屋さんにならんでいたので思わず。
    懐かしい。
    本棚にあるだけでたからもの。

  • 時間どろぼうと戦った女の子モモ。
    どこまでもまっすぐな彼女は可愛いではなく、どこまでもカッコいいです。
    哲学的で、現代の人々の悩みを象徴している内容。

  • 時間をはかってみたところであまり意味はありません。
    時間とはすなわち生活だからです。そして、人間の生きる生活は、その人の心の中にあるからです。

  • 知らない人はいないであろう児童文学の金字塔、モモ。

    しかし、大人になった今、そしてこの時代に読むことでより深い感動、驚き、そして興奮が得られた。

    時間を奪われ、ぎすぎすとしていく世界。
    変えようと思っても、そもそも忙しすぎるからそんな時間はとれないー。
    露骨なまでに近代の効率化を戯曲化したストーリーで、
    メッセージ性のあまりの強さに興醒めする部分がないわけではない。
    が、物語の強度がそれを補い、風刺と娯楽の絶妙なバランスを保っている。

    児童文学、奥深し。

  • 最初は何度も睡魔に負けそうになりましたが、ひとりでも勇敢に頑張る小さなモモの大冒険にどんどん引き込まれました!
    40年くらい前の話だけど全然色あせた感じかなくて、むしろ忙しなく時間が過ぎていく現代に当てはまる部分も多かったです
    ずっと読んでみたかったから読めてよかった

全51件中 1 - 10件を表示

愛蔵版 モモのその他の作品

エンデ全集〈3〉モモ 単行本 エンデ全集〈3〉モモ ミヒャエル・エンデ
モモ (岩波少年文庫) Kindle版 モモ (岩波少年文庫) ミヒャエル・エンデ
モモ (岩波少年文庫(127)) 新書 モモ (岩波少年文庫(127)) ミヒャエル・エンデ

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェル・シルヴァ...
三島 由紀夫
あさの あつこ
村上 春樹
有川 浩
ヘミングウェイ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

愛蔵版 モモを本棚に登録しているひと

ツイートする