百まいのドレス

制作 : ルイス スロボドキン  Eleanor Estes  Louis Slobodkin  石井 桃子 
  • 岩波書店
4.17
  • (35)
  • (30)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 248
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (92ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学4年生の時に初めて読みましたが、その何とも言えない切なさ、さみしさ、そして最後の場面のほんのりと立ち上る暖かさ、みたいなものがとても印象に残り、大人になって購入しました。
    「百まいのきもの」と「百まいのドレス」両方持っていますが、挿絵が左右対称なのが面白いですね。

  • 終わり方がしみじみ。追いやられた側が思いやりを差し出す。いじめられている子どもの挙動、いじめている側の子どもの心理を丁寧に描いている。好悪、善悪の感情を交えていないかのように。あと、ルイス・スロボドキンの挿絵が素晴らしい。提示のタイミングも。下手な感動作ではないが、考えさせられる良作。

  • 「だまって見てなんかいないこと」という決意。

    自分が何をしたのか、
    あるいは何をしなかったのかを考えること。

    できてるつもりの大人は多いだろうけど、
    すごく大切な事。
    とくに今はそれをしっかり意識する必要がある時だと思う。

  • ★★★★☆
    いじめてしまった側からの視点で物語が描かれています。ある日、ふっつりと学校に来なくなった女の子。そのことに気付いたのは、彼女をからかおうと、通学路で待ち受けていた二人の女の子だけでした。
    自分たちの行動を振り返り、いじめられていた子の心情を思いやり、はっきりとは書かれていませんが、赦しがあることで、読者もほっと本を閉じることができる。
    人種的な差別問題を扱っています。
    ルイス スロボドキンの挿絵もやさしくて、よいですね
    (マッキー)

  • 凡そ子供だったことのある人なら、彼女らのどの小さな心の動きにも共感できるのではないだろうか。どの子も私、あなた。

  • 翻訳者の石井桃子さんが90歳を過ぎてから再訳に挑戦されたということで話題になったと思います。お話自体は何十年も前に書かれた本ですが、今読んでも古びた感じは全くなく(訳が素晴らしいということもあるかもしれませんが)、感動が心に広がります。大人が読んでもよいですが、繊細な時代を生きる小学生にもぜひ読んでもらいたいものです。

  • 同級生の好奇の目にさらされ、日々からかいを受ける移民の子ワンダ。心ならずもからかう側にまわってしまい、落ち着かない日々を過ごすマデレイン。「無意識の差別」がこの本のテーマだ(と思う)。マデレインの心情を丁寧に描いたことと、たいへん印象的な百枚のドレスのエピソードの効果で、通りいっぺんの教訓話とは違う仕上がりになっている。が、この本を教訓的にならずに子どもに手渡すのは至難の業だ。いっさい口出しをせず、感想も求めないくらいの配慮が必要だと思う。小学校中学年になれば自分で読めるだろう。が、楽しみの要素がまったくないこの本を、その年頃の子に薦めていいものかどうか、ちょっと難しいところである。中学生とか高校生のほうが読者として適切な感じがする。ラストは顔を合わせない和解。物語に一定の結末をつけながら、完全な和解でないぶん心を残し、かえって印象的だ。たいへんうまいと思ったが、そこも小さい子向けでないと思う理由のひとつであったりする。ホントは、こういう話、ちょっと苦手…。

  • 淡々と語る、ただそれだけのお話なのに、とても大事なことに気付かせてくれる。
    少女が大人になる前にはかなり残酷なことを平気ですることを私も覚えている。
    それは外国も日本も変わりないのかもしれない。

    自分の心ときちんと向き合えたマデライン。
    それができれば、もう大丈夫だね。

  • ブックトーク「気持ち(ともだち)」

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「家族・人間関係」で紹介された本。

    あれ?読んだことあったと思ったのに、でも未登録だし、再度読んでみないとな。

全44件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・フライシ...
トミー=アンゲラ...
ユリー・シュルヴ...
ばーじにあ・りー...
有効な右矢印 無効な右矢印

百まいのドレスを本棚に登録しているひと

ツイートする