マディガンのファンタジア〈下〉未来への綱わたり

制作 : 佐竹 美保  Margaret Mahy  山田 順子 
  • 岩波書店
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155884

作品紹介・あらすじ

"マディガンのファンタジア"は、科学者の街で手に入れたソーラー・コンバーターを無事ソリスへ持ち帰ることができるのか。不思議なできごと、恐ろしい事件が一座の行く手をはばむ。ガーランドは命がけで、邪悪なふたりの男たちから謎の三人きょうだいを守ろうとするが、しだいに、その正体が明らかになっていく-。使命を果たすための旅と、タイムトラベルがからみあう、ふたつの冒険の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「大崩壊」で世界は壊れ、紙も灰になった。
    しかし、荒れ果てた空家で、青い表紙の白紙のノートをみつけた。ガーランドはそれに日々の想いを綴っていた。
    ピエロや曲芸師たちとともに、笑いと驚きのショウを演じる≪マディガンのファンタジア≫。
    重要な使命を帯びて旅をしていたが、そこに、謎の二人組が現れる。


    上下巻で、上巻はあまり面白くないけれど、時間軸を超えた旅もあり、下巻からは更に、謎めいてきて面白くなってきました。
    ファンタジアの公演、みてみたいですね

  • おととい読み始めて先ほど読了。先日読んだものの下巻。
    一難去ってまた一難、という感じに、ファンタジアが次々危険に襲われ、おおお、とページを進めていって気がついたら読み終えていた。若干スピードに置いていかれ気味だったけれど、この展開の速さが読ませるのかな。未来がどう収束したかは謎のまま。でも現在にいる者にとってはそれが実際なんだろうな。
    上下巻の表紙絵がつながっているのがすてき。並べて置いておきたくなる。

全2件中 1 - 2件を表示

マーガレット・マーヒーの作品

ツイートする