縞模様のパジャマの少年

制作 : John Boyne  千葉 茂樹 
  • 岩波書店
3.82
  • (34)
  • (54)
  • (36)
  • (8)
  • (2)
  • 本棚登録 :279
  • レビュー :62
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001156232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで読んだ中で1番複雑な気持ちになる本。決して交わることない、交わってはいけない2人が友達になって、あったかい気持ちになった直後にどん底に落とされる。

  • 小学四年後半

  • ナチスの政権下、アウシュビッツ収容所の司令官一家の物語。ベルリンの広くてきれいな家から、フェンスに囲まれたおかしな場所のそばのちいさな家に引っ越してきた9歳のブルーノ。最初は、不満しかなかったものの、フェンスごしに縞模様のパジャマをきた少年と友だちになり、秘密の友情を育んでいく。

    なにも知らない司令官の息子目線で描かれたホロコーストの物語。縞模様のパジャマ、ソートーさま、ハイル・ヒトラー、あるマークの入った腕章…本人はよくわかっていないのでのんびりした感じで話が進んでいくが、読む側には、それがなにを意味するかがわかってきて、ぞっとする。ラストにいくにつれて、いやな予感にどきどきして落ち着かなくなってくる。
    重いく悲しいテーマを扱ったショッキングな物語ではあるものの、お気楽なブルーノ語りでとても読みやすくすぐ読み終えられる。読後に改めて考させられ、だれかと話し合いたい一冊。

  •  駄作。岩波は一定の基準以上の本を出版するイメージがあったので、岩波が出したということが一番の衝撃。
     読んですぐ、外国人がイメージだけで書いた(つまり、調査やインタビューを行っていない)作品だということはすぐわかる描写のうすっぺらさ。そして登場人物全員がステレオタイプで魅力がない。特に強制収容所の所長クラスの父や部下の絵にかいたような「悪者」ぶりは、下手な漫画のよう。そして何よりイラつくのは主人公の少年の頭の悪さ。いくら9歳でも学校に行って、新聞やラジオがある家庭に育って、これほど自国の事情を知らないということがあるとしたら、よほどのバカである。父親はナチスの幹部なのだし。ヒトラーが小男で、エヴァ・ブラウンの方が背が高いとか、それが事実かは調べりゃわかるでしょう。そういうごく簡単なことすらしていない。強制収容所に入った少年が毎日決まった時間に勝手な行動をする自由があったのか。毎日収容所の人を間近で見ながら、中で幸せな生活を送っていると真面目に想像できる人間がいるか。9歳男子と言えば体を使ったり道具を使ったりして遊んで友情を深めることはあっても、フェンス越しに会話しただけで友情は生まれない。そもそもこれだけ親がナチス幹部で、裕福で頭の悪いドイツの少年と真の友情を結べるユダヤ人がいるわけない。
     最後のオチはユダヤ人の少年と親しくなった時点で予想がついたのでなんの驚きもない。
     戦争や人種差別の悪を史実に基づいて訴えたいのなら、もっとちゃんと調べて書き込まないとね。作家の基本でしょ。まあ違う設定だったところで、この人物造形の下手さ加減ではろくな本は書けません。イースト・アングリア大学で創作を学んだということは、カズオ・イシグロやマキューアンの後輩であり、場合によってはゼーバルトの教えを受けたかもしれない人物。それががこれか。同じ教育を受けても皆が素晴らしい作家になれるわけではないといういい証明になるね。

  • ラストは予想できなかった。行進の時点で嫌な予感はしたけれど…。

    アウシュビッツに関連した話ではあるけれど、フェンスを越えることのほうにテーマであるのかな、と。何て悲しい友情物語なんだろう。
    最後まで2人の心は通じ合っていた。
    ふたりの手をひきはなすことのできるものは、なにひとつなかった。

  • 各国で翻訳されたり映画化もされて話題になった作品
    縞模様のパジャマ……
    アウシュビッツについて子供たちに知ってもらうのにいい作品だと思う
    日本の子供たちにもたくさん読んでほしい
    ラストは衝撃だった
    現実はもっともっと過酷でフェンスのそばには絶対近寄れなかったと思うけれど
    ≪ 友情は フェンスを隔て 育つけど ≫

  • 最後が衝撃的でおもしろい。

  • 主人公は9歳の少年。父親はナチの高官。ベルリンの大きな家に住んでいて、3人の親友がいて、夏休みには彼らと探検をするつもりだった。ところが父親の仕事の都合で引越しをすることになった。引っ越したところは田舎で、家も小さくて、部屋の窓からはフェンスに囲まれた広い土地が見えた。
    フェンスの中の人たちはみんな同じような縞模様のパジャマを着ている。
    9歳の子供が当時のユダヤ人迫害の様子を知らないとかありえないと思うし、読むのに引っ掛かりばかり覚えて読みづらかった。

  • 歴史を正しく理解しなくてはならない。

  • 驚きの最後。小学校高学年ぐらいからかな。アウシュビッツについての知識がないとちょっとわからないかもしれない。
    私は最後を読みながら、ブルーノ少年の父親(ナチスの軍人で強制収容所の司令官)を罰するような気持ちになっていた。そらみたことかと。そんな自分にもぞっとした。

全62件中 1 - 10件を表示

ジョン・ボインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする