マッティのうそとほんとの物語

  • 27人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 森川 弘子 
  • 岩波書店 (2013年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001156621

作品紹介

ぼくはただ、まちがいを正したかっただけなのに…。ちょっとしたうそが巻き起こす、ドタバタ大そうどう!ドイツのゆかいな児童文学。

マッティのうそとほんとの物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ムーミン以外のフィンランド作家を初めて読みました。
    現代の話なのでパソコンメールのやり取りなどは違和感なく読めました。
    両親が大人っぽくないよね~。
    兄弟ってバカな張り合いをするんだね。日本人だけじゃないんだと改めて知りました。
    2017-6-2 再

  • ★★★★☆
    お父さんのウソ、お母さんのウソ、ぼくのウソ。
    ウソがウソを呼んで、家族で湖のほとりで茫然としているところが冒頭。帰る家も両親の仕事もみんななくなっちゃったんだよね。
    いったいどうしてこうなっちゃったの!?
    ウソをつかれたはらただしさ、ウソをついてしまって手におえなくなったときの焦燥感、ドキドキします。
    (まっきー)

  • マッティは携帯ゲームの開発を夢見る無口なフィンランド人のパパとドイツ人のママ、弟の四人家族。パパの夢が叶い、好条件でフィンランドの会社で雇われることになったという話を信じ込んだマッティは、学校から転校の手続きの書類までもらってきますが、これはなんとパパが自分の兄に見栄をはるためについた嘘と発覚。頭にきたマッティはママが買った家が当たる宝くじに当選したという嘘の手紙を作ります。ところがこの手紙がとんでもない事態を引き起こし、一家は家や家具、車まで失うことに…。それぞれの嘘が引き起こした顛末をユーモラスに描いた一冊です。

  •  マッティのママ(ドイツ人)が「何もかも、あんたのおかげよ、ありがとね、マッティ!」と皮肉を言うところから始まる。場所は、フィンランド(マッティのパパはフィンランド人)。マッティたち家族には、今夜泊まる所がない。ホテルに泊まれるだけのお金もないし、車もない。では、なぜこんな状況になってしまったのか?なぜマッティのせいだと責められているのか?と、初っ端を読んで疑問を持ってしまったら、読むしかないわけで・・・。

  • パパが見栄をはって「スイスに引っ越す」とウソを言った。クラスのみんなにに引っ越しの話をしてしまったマッティは、ウソをごまかすために、もうひとつウソをつき、さらに…。ウソがウソをよび、マッティは(そして家族みんなも)絶体絶命のピンチにおちいる。なんと、あるはずのない新しい家に引っ越してしまったんだ!
    あまりにも事態が大きくなっていくので、読みながらハラハラのしどおしです。

  • 荒唐無稽で面白かった。

    嘘を嘘って言えなくて、どんどん展開が進んでいくところにはちょっとイライラしたけれど、最終的にこれまたすごい展開で事態が良い方向に向かっていったのでした。
    終わり良ければすべて良し。

    主人公のマッティがドイツ人とフィンランド人とのハーフなので、フィンランドに関する話がちらほら出てきたのでフィンランドにちょっと興味を持った。

全6件中 1 - 6件を表示

ザラー・ナオウラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
まはら 三桃
R・J・パラシオ
デボラ ホプキン...
シド・フライシュ...
市川 朔久子
キャスリン アー...
柏葉 幸子
森川 成美
ホリー・ゴールド...
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印

マッティのうそとほんとの物語はこんな本です

ツイートする