アルカーディのゴール

制作 : ユージン・イェルチン  若林 千鶴 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001156676

作品紹介・あらすじ

権力に親をうばわれた少年と、妻をうばわれた男。夢にむかって、二人でゴールを決めることはできるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ああ、なあんだ。ひとまず”サッカー文学”枠で読んでみようと思って手に取ったのだけど、『スターリンの鼻が落っこちた』の作者でしたか。挿絵は作者本人のもので怖い、どうにかしてというものです。
    この本も引き続きスターリン政権下の粛清犠牲者の子どもが主人公。サッカーがうまくて孤児院(というより「人民の敵」の子どもたちの収容所)から謎の査察官の元に養子に行きさらにツェスカ(文中では「赤軍サッカークラブ」)の少年チームの入団テストを受けてチャンピオンを目指そうとするが、そんなに容易に物事は進まない。人民の敵の子には試練が待ち受けているのだ…。
    でも、ストーリーがまるでファンタジー(悪い意味で)で、子供騙しのような印象なんだよなあ。養親の設定もわざとらしいし。子ども相手の物語であっても、手抜きをしないでほしい。
    なお、主人公が憧れるサッカー選手のブルトコはおそらく実在の選手ではない。

  • レーニン時代のソ連の恐ろしさが児童書ながら伝わってくる。

全2件中 1 - 2件を表示

ユージン・イェルチンの作品

ツイートする