ポリーとはらぺこオオカミ (せかいのどうわシリーズ)

制作 : マージョリー=アン・ワッツ   Catherine Storr  掛川 恭子 
  • 岩波書店
3.75
  • (6)
  • (13)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (86ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001159660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「芸術・感性」で紹介された本。

  • ポリーのことが食べたくて、まるでストーカーのようにつきまとうオオカミと、そんなオオカミをうまく出しぬくポリーのおはなし。ジャックと豆の木、赤ずきん、三匹のこぶたなどを下敷きにした、ちょっとパロディっぽい短編が7編入っている。読んでいると、だんだんオオカミが気の毒になっていくのがふしぎ(笑)。

  • ん?前読んだのと訳が話がちがうような・・・。
    『かしこいポリーとまぬけなオオカミ』だったけかな。
    あっちの方が好きかも。
    読み比べてみようかな。

    オオカミ=男性、ポリー=少女
    ということで太宰治『御伽草子』の「かちかち山」を思い出した。

    なんだか本当は仲が良いんじゃないかと思ってしまうくらいやり取りがおもしろい二人(一人と一匹)なんだけど、やっぱりオオカミはポリーが食べたくて、ポリーもオオカミを出し抜こうとしているところが、結構殺伐とした感があっていいなあと思う。

  • 昔話には、「オオカミ」がでてくるお話がたくさんあります。
    そのお話のとおりに、ポリーをいただこうと企むオオカミですが、ポリーのほうが一枚上手。
    いつまでたっても「はらぺこオオカミ」です。

  • 何回目かの再読です。
    本当に楽しいお話で、何回読んでも笑えちゃうのがスゴイ。
    こわいはずの(?)オオカミになぜか同情します。

  • ポリーがパイを食べようとしていたら、誰かが玄関のベルを鳴らしました。
    ドアを開けるとそこには、はらぺこオオカミがいました。
    オオカミはポリーを食べに来たのですが、おいしそうなにおいに誘われて、
    ポリーを食べる前に、パイをごちそうしてもらいました。

    おなかがいっぱいになったオオカミは、もうポリーを食べる余裕がありません。
    「一週間後にまた来るから」と言って帰って行きました。

    一週間後に来たオオカミは、今度はポリーにチョコレートケーキをごちそう
    してもらったので、またポリーを食べる余裕がなくなってしまいました。
    仕方がないので、また一週間後に来ることにしました。

    一週間後、今度はタッフィーをごちそうになりました。
    やっぱりポリーを食べることができなくなってしまいました。

    オオカミは、なんとかしてポリーを食べようと考えに考えます。
    そして1年か2年たちました。
    オオカミが考えたのは、夜中にポリーの部屋にしのびこんで、ガブリと
    食べようというものでした。
    でも、ポリーの部屋は高いところにあるので、何かを使って上らなければなりません。

    ポリーが部屋の窓から外をながめていると、オオカミが何かを土に埋める
    ところを見つけました。
    ポリーがオオカミに聞いてみると、オオカミはぶどうの種を埋めたと言います。
    どうやらぶどうのつるが伸びたところで、それをつたってポリーの部屋に上ってくる計画らしいのです。

    ポリーは、笑いながらオオカミに教えてあげました。
    ぶどうのつるがポリーの部屋に届くには、何年もかかるんだと言うことを。

  • 夏休み

  •  「あかずきんちゃん」
     「三匹のこぶた」
     「狼と七匹の子ヤギ」

     童話に出てくる狼はいつも悪者。まあ、それでも最後は退治されたりの役回りなんだけれど、本作の狼はさらにひどい役で、かえって可哀想になるぐらい。
     
     頭の悪い狼が、あれこれとポリーを食べるための工夫をするのだけれど、逆に賢いポリーに振り回されて…でも、読み続けているうちに狼のほうを応援したくなってきます。
      

  • おおかみが女の子を食べようとして、逆に退治されてしまうという、あらすじだけ考えると典型的ですが、そのやり込め方がなんとも世知辛いというか、現実主義です。読んでいるうちに、まぬけなおおかみの方を応援したくなります。おおかみは殆どがどうにもならない方法で、ポリーを食べようとするのですが、爆弾をもってきたときはどうなるのかと思わせられましたね(笑)。

  • ポリーを食べたいおばかなオオカミと、それをごまかし手玉にとり、難を逃れる女の子の話

    グリム童話とかのパロディで、
    性的なにおいはしないんだけど(当り前><)
    ポリーを食べたいオオカミがなんか健気でかわいい

    「ジャックと豆の木」や「赤ずきん」
    「3匹のこぶた」「七匹の子やぎ」などがモチーフになってる

全15件中 1 - 10件を表示

ポリーとはらぺこオオカミ (せかいのどうわシリーズ)のその他の作品

キャサリン・ストーの作品

ポリーとはらぺこオオカミ (せかいのどうわシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする