こぎつねルーファスとシンデレラ (せかいのどうわシリーズ)

  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001159806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 創作物語。
    「こぎつねルーファスのぼうけん」の続きの話。
    「こぎつねルーファスとシンデレラ」
    ある夜、あなぐまとうさんにつれられてルーファスとビルとボニーは人間のお祭りに行きます。もう止まったメリーゴーランドも、アナグマ父さんが口笛を吹くと回り出します。そこでルーファスたちが乗っていると、白ウサギとそれをねらう赤ギツネも乗ってきます。父さんがメリーゴーランドを早く回し、赤ギツネがしがみついている間に、ルーファスたちは白ウサギを家まで送ってあげます。白ウサギはガラスの靴を無くしてしまっていて、シンデレラだったということが分かります。そのあとルーファスたちはお祭りでお土産を買い、シンデレラの靴も見つけてあとで届けてあげます。
    「こぎつねルーファスと一角獣」
    ルーファスが蜂の巣のかけらを採っていると、動物たちに森の王一角獣に捕らわれてしまうよと言われます。その後ルーファスは一角獣の子どもと出会い、そのお父さんが人間に捕らわれていることを知ります。ルーファスはおじさんの赤ギツネから森の鍵をかり、捕らわれた一角獣を助けに行きます。森の鍵を使って見事に助け出すことができ、一角獣親子は月へと帰っていきます。
    1作目よりもさらにファンタジー要素が強くなっていて、不思議な話が好きな子に薦めたい。短編が2作入っているので読みやすい。挿絵は白黒の線画で、数ページに1枚入っている。文章は縦書き。

  • アトリーの作品の中ではチムに並ぶやんちゃな子。
    紹介したい年齢はチムラビットと同じだけど、子どもにはこの装丁のほうが手渡しやすいかも。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

アリソン・アトリー 1884年、イギリスのダービシャー州の古い農場に生まれる。広い野原や森で小動物とともにすごした少女時代の体験をもとに、多くの物語やエッセーを書いた。日本語に翻訳された作品に『グレイ・ラビットのおはなし』『時の旅人』(以上岩波書店)、『チム・ラビットのおはなし』(童心社)、「おめでたこぶた」シリーズ、『むぎばたけ』『クリスマスのちいさなおくりもの』『ちゃいろいつつみがみのはなし』(以上福音館書店)など多数。1976年没。

「2020年 『はりねずみともぐらのふうせんりょこう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アリソン・アトリーの作品

ツイートする
×