エーミルのいたずら325番 (せかいのどうわシリーズ)

制作 : ビヨーン ベリイ  Astrid Lindgren  Bjorn Berg  さんぺい けいこ 
  • 岩波書店
3.75
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (59ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001159851

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【読み聞かせ用】

  • 倹約家のパパのもとで、色々考えてるわね

  • いたずらできるのに、人形も作れるエイミーはすごい

  • 面白いタイトルです。「夏も冬もいたずらするエーミル」とお手伝いさんに言われるほどいたずらを(そうとは知らず)してしまう男の子・エーミル。これはその中の「325番目のいたずら」のお話です。ハエに困らされている家族のため、ハエとり紙を買う名案を思い付いたエーミル。それはこじきに変身してお金を恵んでもらおうというものでした…いいことをしようとして失敗してしまうエピソードが楽しい。エーミルだけでなく、お父さんやお母さん、お手伝いさんなど個性があって生き生きしています。挿絵も毎ページカラーで付いているので幼年文学としてぴったりだと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1907~2002年。スウェーデンの国民的児童文学作家。「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」「ちいさいロッタちゃん」など数々の名作を生み、「子どもの本の女王」と呼ばれた。国際アンデルセン賞受賞。

「2015年 『こんにちは、いたずらっ子エーミル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アストリッド・リンドグレーンの作品

ツイートする