エーミルのクリスマス・パーティー (せかいのどうわシリーズ)

制作 : ビヨーン ベリイ  Astrid Lindgren  Bjorn Berg  さんぺい けいこ 
  • 岩波書店
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001159868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人形を彫っているなんて、かわいいわね

  • エーミルがとっても可愛い。いたずらっ子だけれど、そんな中でも良いところがふんだんに表現されていて、愛おしくなります。クリスマスという設定は、子どもも好きなのでエーミルの導入にもいいかも。本がちょっと小さめなので、大人数の読み聞かせにはきついかもしれません。でも、お話はとても良いので読んであげたい一冊。

  • いやはや素晴らしい

    リンドグレーンさんのクリスマス絵本・・絵本?

    エーミルのおうちでやるパーティーにたくさんのひとが集まる

    先生が若い女の人で、
    キスゲームをしたり雪合戦をしたりやりたい放題

    牧師さんの奥さんに8回も(8回だっけ??)キスするエーミルがかわいすぎて、男前すぎて涙が出そうでした。

    いい話だなー

    絵もかわいい!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1907~2002年。スウェーデンの国民的児童文学作家。「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」「ちいさいロッタちゃん」など数々の名作を生み、「子どもの本の女王」と呼ばれた。国際アンデルセン賞受賞。

「2015年 『こんにちは、いたずらっ子エーミル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アストリッド・リンドグレーンの作品

ツイートする