メリーメリー おとまりにでかける

制作 : ジョーン・G.ロビンソン  小宮 由 
  • 岩波書店
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001160079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 邪魔にされても、みそっかす扱いされても、ちっともめげないメリーメリー。いつも最後にはお兄ちゃん、お姉ちゃんたちをぎゃふんといわせる展開なのがすごくおかしい。末っ子パワー爆発!
    かわいいというよりは、「やりますねえ」という感じです(笑)

  • お姉ちゃんやお兄ちゃんとは歳が離れた小さなメリーメリーは、いつもみんなに赤ちゃん扱いされています。

    積み木の箱の上にのって、塀の上からお隣をのぞいていたら、越して来たばかりのお隣のサマーズさんが、おうちに招待してくれました。
    メリーメリーは、うんと大人っぽいしぐさで、およばれに行きました。

    きょうだいたちは、お隣の庭でおよばれしているメリーメリーを見つけてびっくり!

  • 『テディロビンソン』のジョーン・G・ロビンソン著のかわいい女の子が主人公の幼年童話。5人兄妹の末っ子のメリーはいかにも末っ子らしく利かん気で、自由な女の子。なかなかの大物です。

全3件中 1 - 3件を表示

ジョーン・G.ロビンソンの作品

ツイートする