くしゃみおじさん

  • 岩波書店
3.59
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 117
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001160307

作品紹介・あらすじ

おじさんの豪快なくしゃみで砂煙がまきおこった。あれれ? ねことうさぎの耳が入れかわってる! ねこがワンワンほえれば、いぬはニャー。全身はだかのがちょうに、とさかをくわえたおんどり……。どうぶつも子どもも、みんなヘンテコ。いったいどうしたら、もとどおりになるの? くしゃみの音も楽しい、元気でゆかいな絵童話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろかったはおもしろかったけど、何だそりゃ、て感じもする。

  • 6歳3ヶ月の娘に読み聞かせ

    図書館のビンゴ企画で
    50ページ以上の本
    というお題から手に取った本

    なんとまあ
    ヒット作!!

    おもしろかった~!

    娘は大ウケでした。

    そして
    絵が少ない絵本じゃない
    こういうお話でも

    ちゃんと理解して
    聞いてる
    娘の成長にも驚いたり

  • 図書館本。読売こども新聞オススメ100冊から。おじさんが大きなくしゃみをすると、動物も子供も変な格好に置き換わってます。こちらの本もお気にいりでした。

  • 原題 THE SEVEN SNEEZES
    by Olga Cabral 1948

    2021 小宮由 訳

    むかしある家のうらにわに
    白いうさぎ
    黒いねこと
    大きないぬがいました。

    それぞれ、白くて長い耳
    黒くて小さい耳
    大きい声がだせるのがじまんでした。

    しあわせにくらしていましたが~
    ある日、はいひんかいしゅうのおじさんがふようひんをかいしゅうしに馬車でやってきて
    途中で大きなくしゃみを三回つづけてすると

    黒いねこのあたまに白くて長い耳が
    白いうさぎには黒くて小さい耳が、
    大きな声が自慢の犬はニャーという小さな声が・・・
    ねこはワンワンと大きな声が

    そこで元に戻してもらおうと荷馬車のくしゃみおじさんをさがしにでかけました

    するとつぎつぎにくしゃみおじさんの犠牲者と出会うことに~
    がちょうははねがふきとび
    おんどりは頭にあるはずの赤いとさかをくちにくわえ、おしりあるはずのおばねをあたまに
    男の子はうわぎが半分、くつしたはかたほうなくなり、かたほうのくつが頭の上
    三つあみのおさげがとれてしまった女の子

    みんなで一けんの古びた家にいるくしゃみおじさんの声がして

    しかしおじさんはすっかりくしゃみがでなくなってしまっていて
    おじさんはコショウをかけてくれ!と頼む
    すると~とてつもなくおおきなくしゃみが7回

    みんながもとのすがたにもどったら、一目散でそこから逃げ出した
    またくしゃみがでたら大変なので

    ナンセンス童話

    絵も笑える

  • ヒャッッックション!
    ハッッックチン!
    ハッッップショ───イ!

    おじさんが大きなくしゃみを三回すると……

    黒いねこのあたまに、白くて長い、うさぎの耳がついてしまい、
    白いうさぎのあたまには、黒くて小さい、ねこの耳がついてしまいました。

    いぬは「ニャー」という小さな声しかでなくなり、
    ねこは、口から「ワン」という大きい声がでてきてしまいました。

    三びきは、もとにもどしてもらおうと、おじさんをさがしにでかけました。

      ・

      ・

      ・

    《おじさんのくしゃみのせいで とんでもない目にあった
     どうぶつやこどもたちの、ゆかいなおはなし》──帯の紹介文

    原書はアメリカの児童書シリーズ「リトルゴールデンブック」の一冊として人気のあった“THE SEVEN SNEEZES”(1948年刊)

    小宮由の訳文にアニメーション作家、絵本作家の山村浩二が挿絵を描いた、小学校低学年から楽しめる創作絵童話、2021年7月刊

    ハッッックチョ───イ!
    ハッッックチョン、パラッ、プッッッチュ───ン!

    読み聞かせれば大うけまちがいなし
    教室の初笑いにぴったりの一冊

  • えらいこっちゃ。おじさんの大くしゃみのせいで、うさぎの耳とねこの耳が入れ替わり、ねこの声といぬの声が入れ替わり、鳥の毛は抜け、男の子の服は半分になって靴が頭にのっかり、女の子のおさげは取れる。「くしゃみ」ってそれだけでおかしさがある。読んでいるとこっちまで本当に鼻がむずむずしてくる。

  • くしゃみの豪快さに、わが子も声を立てて笑ってました。
    小学校低学年前後から、おすすめできる。

  • 何不自由なく暮らしていた3匹(犬・猫・うさぎ)に襲い掛かる悲劇(笑)
    おじさんの大きすぎるくしゃみによって
    泣き声も耳も入れ替わっちゃってる…
    どうすればいいの??

全10件中 1 - 10件を表示

山村浩二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中川ひろたか
ヨシタケ シンス...
ふじもと みさと
柴田 ケイコ
くすのき しげの...
たにかわしゅん...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×