うろこだま (てのひらむかしばなし)

著者 : 長谷川摂子
制作 : 下田 昌克 
  • 岩波書店 (2004年7月15日発売)
3.53
  • (4)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001163643

作品紹介・あらすじ

むかし、ひとりぐらしのじいさまがおった。びんぼうだったが、いぬとねこをたいそうかわいがっていた。あるとき、じいさまがたきぎのやまからまきをいっぽんひっこぬくと、ちいさなしろいへびがちょろっとでてきた。それがてにのってきて、かわいいといったらなかった。そこで、じいさまはへびにやわらかいかゆをたべさせたりして、だいじにそだてた。

うろこだま (てのひらむかしばなし)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 犬と猫の話。
    楽しかったー
    えっそれでいいの?みたいな展開も面白かった。

  • 『てのひらむかしばなし』シリーズ。判型が小さく持ち運びしやすい。文はすべて長谷川摂子。読みやすい。
    絵も意外と遠目がきくので読み聞かせにも。
    見返しの犬・猫の表情が可愛い。

  • 2013年6月15日

    装丁/桂川潤

  • おじいさんにかわいがられている犬と猫のコンピは頼りになるのやら、ぬけているのやらってところが楽しい昔話。

  • ヘビが出てくるので、怖いかと思いきや、案外楽しいお話。
    めでたしめでたしで終わる日本の昔話。

  • 2009.6.6

全6件中 1 - 6件を表示

長谷川摂子の作品

ツイートする