つるのおんがえし (てのひらむかしばなし)

著者 : 長谷川摂子
制作 : ながさわ まさこ 
  • 岩波書店 (2004年10月15日発売)
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001163674

つるのおんがえし (てのひらむかしばなし)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 200

  • さすがの長谷川摂子さんである。味わい深い、素敵な昔話だ。
    「てのひらむかしばなし」という副題が付いているだけあって、本は小さい。
    家庭内で、自分の子供向けに読むなら丁度良いサイズだろう。
    反面、読み聞かせには向かない。
    もったいないなぁ。
    切り絵の雰囲気がとても柔らかで、鶴の化身である娘の美しさとけなげさ、
    おじいさんとおばあさんの表情も実に丁寧に表現されている。
    なによりも、この文章が良い。 
    「おじいさんは さっと かぜにふかれたような かおになった」
    とても子供向けとは思えない表現である。
    会話も、おそらくは土地の言葉をじゅうぶんに生かしたものなのだろう。
    やさしいおばあさんが誘惑に負けてしまう場面も、よく描かれている。
    それにしても、人間は昔から大切な約束を守れずに生きてきたんだね。
    むかし こっぽし。

  • 多分、いや、むしろ、そうでなかった事を僕は望むのであるが、
    どうだろうか。{(-_-)}…
    その日の晩ご飯の時も、与表はまた勝手な事ばかり考えて、
    お鶴の姿を覚えていないどころか、
    お鶴の顔もろくに見なかったのではないか
    そんな事を僕は今でも案ずる。
    あぁ、なぜ一目だけでもやさしい目配せができなかったのだろうか。
    寒い夜になると与表は今でもお鶴の事をそっと思い出しては、
    胸の痛みを呼び覚ますのダ{(-_-)}
    {(-_-)}

    あぁ、ごめんお鶴
    済まないお鶴…
    もう一度…
    もう一度前に、
    どうしても会いたい。
    どうしても

  • 長谷川摂子さんの語り口がとても心地良く、子供に読み聞かせするときには、自然にゆっくり優しい口調になります。
    ながさわまさこさんの貼り絵?ちぎり絵?も、その文章にとても合った優しいお顔のおじいさんとおばあさんです。
    おばあさんが我慢できなくなり「うんにゃ、ほんのちょっと、ちょっとだけ」と言って、びょうぶから中を覗くその後ろ姿が最高です。
    この『てのひらむかしばなし』シリーズを他のお話も読んでみたいと思います。

  • 2003/11/11たけちゃん 2004/1/13たけちゃん

  • 定番ですね。

全6件中 1 - 6件を表示

長谷川摂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
馬場 のぼる
マーカス・フィス...
酒井 駒子
長谷川 義史
にしまき かやこ
A.トルストイ
なかがわ りえこ
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする