馬と少年 (カラー版 ナルニア国物語 5)

著者 :
制作 : ポーリン・ベインズ  C.S. Lewis  瀬田 貞次 
  • 岩波書店
3.71
  • (14)
  • (29)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 190
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001163759

作品紹介・あらすじ

ナルニア全盛時代におこった、ある事件。はるか南にある強国カロールメンに住む漁師の養子シャスタは、ある日、自分が奴隷に売られることを知り、ものいう馬ブレーとともに、ナルニアめざして逃げだします。一方、領主の娘アラビスも、おしつけられた結婚からのがれるため、ものいう馬フインとともに、ナルニアをめざしていました。旅の道づれとなった一同は、途中で、ナルニアを不意打ちしようとするカロールメンの計略を知り、先をいそぎますが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前の巻を読んだときに、1巻以来の面白さ、と思った。でもさらに上がいた。この巻が一番面白かった。とりあえず今のところ。
    雰囲気はいつも通り、でもストーリーはあまりファンタジー色が強くなくて、国同士の争いや主人公の奮闘がメイン。ひねった展開は無くても、物語を作り上げている要素ひとつひとつが面白いから十分楽しめる。王子とそっくりとか、国の大事な話を知ってしまうとか、ワクワク。
    あと前の巻のときも思ったけど、アスランが出張りすぎない方が好き。チートすぎるんですもの…。さりげなく助けてくれるくらいがカッコいい。この巻ではナルニアの4兄弟も出番が少し控えめで、珍しい関わり方だった。彼らの物語として見るとサイドストーリー的な位置付けになるのかもしれないけど、シリーズの世界観がグッと広がった巻だと思う。

  • KL 2017.3.5-2017.3.11

  • 懐かしのタムナスさんが出てきたり、少年がたくましくなっていく過程が書かれている。
    読みやすかった。

  • <閲覧スタッフより>
    お屋敷のクローゼットが架空の世界と繋がっている!少年少女が偶然みつけた不思議な別世界は白い魔女が支配する「ナルニア国」。正義のライオン「アスラン」とともにナルニアを救う子どもたちの壮大な冒険物語。読み返すたびに新しい発見がある、不思議でどこか懐かしい世界が広がっています。
    --------------------------------------
    所在番号:933.7||ルク||5
    資料番号:10170245
    --------------------------------------

  • 先が読めちゃう話であるのですが、なかなか気持ちいい話でもあります。

    多分、ナルニアって、それぞれの話に元になる聖書のエピソードがあるのだと思うのですが、これの元ネタは、今のところわからないです。
    ヨブ記?ちょっと違う気がします。

    どっちかというと、新約聖書の何かかな?

    ほんのちょっとだけ、子どもにはわからないことを混ぜておくこの人の書き方は、けっこう好きかも。

  • 小学校のころに夢中で読んだナルニア国。実は、内容を、ほとんど忘れてしまっていたので、再読。

  • 今回は、違う国から、
    新鮮な印象で読み始めます。

    そして、ナルニアに帰ってきた!

  • シャスタの最後が意外だった。

  • 主人公の少年シャスタの意外な出自が最後明らかになった。ナルニア国との絡みもうまい具合。

  • ナルニア王国のDVDを図書館で借りて、一緒にこの本も借りました。
    DVDはおにいの年ごろにはみごとヒットしました。
    おもしろかった!と大喜び。
    この本は、そのDVDの原作が入っています

全22件中 1 - 10件を表示

馬と少年 (カラー版 ナルニア国物語 5)のその他の作品

C.S.ルイスの作品

馬と少年 (カラー版 ナルニア国物語 5)を本棚に登録しているひと

ツイートする