バイバイ、サマータイム (STAMP BOOKS)

制作 : 安達 まみ 
  • 岩波書店
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001164060

作品紹介・あらすじ

両親が離婚したことを気に病むダニエルが、休暇で出会ったのは、いかした女の子レキシー。ダニエルはレキシーに惹かれていくが、彼女には不可解な点があった。腕時計が逆に時を刻んでいる。髪がいつも濡れている。体の傷が増えている…。少年の微妙な心理を描きだす、サスペンス仕立ての青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不登校のダニエルは、母親と別居中の父と二人でスポーツリゾートに一週間滞在することになる。ちょっとポッチャリさんのダニエルは、スポーツは苦手。それほど裕福ではない父親が、気分を変えようと計画した休暇だったが、ダニエルは全然乗り気ではない。
    リゾートセンターに到着し、コテージへむかう電動車が赤いパーカの女の子とぶつかりそうになり、ハンドルに飛びつくダニエル。でも、その女の子が見えていたのは自分だけだということがわかる。
    それからも、ダニエルはたびたび女の子と出会うが、いつも水のそばで、ほかの人には見えない。
    酒に飲まれてしまう父親、両親の別居は自分のせいだと落ち込み、ますます劣等感にさいなまれるダニエル。女の子レキシーは、なぜダニエルにしか見えないのか。
    休暇の終わりに向かい、レキシーを救い出すべく奔走するダニエル。

    サイコサスペンス的なストーリーではあるけれど、ダニエルは、両親の和解への期待と、レキシーの安息と自身の心の成長を手に入れる。

  • カテゴリ:教員著作物
    英語英文学科:安達まみ教授の著作物

  • 幽霊との恋物語ですが、幽霊が幽霊として存在するにはたいてい理由があり、それはあまり幸せな状態ではありません。巨大レジャーセンターに、父親につれられて嫌々ながら遊びに来たダニー少年は、女子高校生の幽霊に恋してしまい、彼女の呪縛を解こうと奮闘します。彼女の死にまつわるサスペンスも興味深いのですが、ダニー少年の描き方がとても優れています。ダニーは少しだけ鋭敏な感受性を持っている普通の中学生で、その感受性ゆえにいろいろつらい目にあい、逆に年上のガールフレンドを作ったりできるわけです。そしてガールフレンドを救いたいがために心が強くなり、成長してゆくさまが丁寧に描かれていて味わい深い作品になってます。

  • サスペンス?

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・グリーン
宮下 奈都
パトリック・ネス
ロビン・スローン
瀬尾 まいこ
辻村 深月
サン=テグジュペ...
ジョー・ウォルト...
恩田 陸
三浦 しをん
フランシス・ハー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする