南総里見八犬伝 全10冊 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.15
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784002002705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついついお正月はダラダラしがちで、だらっだらと八犬伝を読んだ。初めて読んだのは小学校の図書室であったが、一冊持って帰って、翌朝図書室に駆け込んだものだ。別に現代語訳にしなくても十分、むしろ声に出して詠めば現代語よりもやはり楽しい。イケメンたくさん出てくるし、、、これ通しで歌舞伎やらないだろうか。しかし小さい頃、南総、えっ千葉じゃん!と気づいてなんだかがっかりしたものだ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なんだかがっかり」
      何故?
      「なんだかがっかり」
      何故?
      2014/01/29
  • 冒険活劇。

  • 私の読書史上最長編。
    約4000ページ、発売すぐに買って1年かかってなんとか読了。
    面白かったんだが全体の筋はぼやけて、今はもうあんまり憶えてない。が1巻目は話の発端だけに割と憶えてるかも。

  • 美少年好みの日本人の嗜好は、この時代でも健在です。

  • これが愛読書の嫌な小学生。

  • 所謂「岩波八犬伝」復刊されたみたいですね。馬琴の文章は五七調でテンポよく読めます。「三銃士」より先に生まれた日本の誇る世界最長小説です如何。

  • これと指輪物語の制覇が私のノルマでした。でも指輪物語はまだ手つかずです。
    これはよく人がここで挫折しやすいというとこでまんまと2回くらい挫折しましたが、ちまちま読んで完読ー。なんつーかすごいですねえ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1767年生まれ。江戸時代後期の作家。1814年から28年をかけて全98巻、106冊の「南総里見八犬伝」を完結させた。1848年没。

「2016年 『南総里見八犬伝(三) 決戦のとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曲亭馬琴の作品

ツイートする