モンテ・クリスト伯(全7冊セット) (岩波文庫)

制作 : 山内義雄 
  • 岩波書店
4.60
  • (18)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 110
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784002010014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなに面白い物語はほかに知らない。
    モンテ・クリスト伯爵にものすごく感情移入してしまう。

  • 長い間かかってしまった。
    ついに登場人物が覚えられなかった。
    デュマのドラマ仕立てはたしかに凄かった。

  •  
    ── デュマ/山内 義雄・訳《モンテ・クリスト伯 200004‥ 岩波文庫》全7冊セット
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4002010015
     |
    ── 山内 義雄・訳/太田 大八・絵/庫田 綴・装幀
    《モンテ・クリスト 19520210 筑摩書房》中学生全集 71 #105
    ── /・訳《巌窟王 ‥‥ 》
     
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%E2%A5%F3%A5%C6%A1%A6%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%C8
     ↑モンテ・クリスト ↓デュマ
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%C7%A5%E5%A5%DE
     Dumas, Alexandre files 作家 18240728 France 18951127 71 /《椿姫 1848》
     
    (20170819)
     

  • 壮大な復讐劇。登場人物のによる多彩な伏線と起伏が素晴らしい。すごく描写が細かい。
    エデと一緒に旅立つ場面がいい。

  • 面白い

  • とにかく面白い

  • 年末年始の楽しみとして、取りかかりました。するする読めてエンタテイメント。多分全巻いけそうな感じ。ダンテスを陥し入れる人たちをこんにゃろこんにゃろ!と思いながら読みました。

  • 登場人物を把握するのに苦労しました。登場人物を図にしながら、人間関係を整理して 読んだ方がいいです。

    3巻までの人間関係を 自分なりに 整理できたら あとは7巻まで 一気に読み進めます。117章それぞれにストーリーがあるので 人間関係さえ把握できれば どこの章からでも楽しめます

    こういう本に、もっと会いたい

  • 長いだけの小説。とりあえず全部読んでみたが、時間の無駄だとつくづく思う。翻訳が悪いのか原作が悪いのか分からないが、比喩が平板で、やたらと薀蓄を述べたがり鼻につく。まあ、100年以上前の小説だから仕方ないか。。。

  • フランス文学は普段読まないけど、この本は海外文学のなかでも秀逸ですな。

    復讐、それは被害者よりも加害側の人間のほうが大変よね。だって、いつも憎しみしかないわけ。幸福、喜びがない生活で、ただ相手の復讐のために生き続けている。

    でもこの本で主人公がやる復讐はある種綺麗なやり方だね。綺麗も悪いもそもそもないけど、憎しみから現実に戻る瞬間があって、それが人間らしさを見せる、いくら囚人で自分を捨てたとしても、元の自分が現れる瞬間があって、その時に人間味を感じた。

    もし自分が14年もの間、牢屋に入れられたらどうだろう?人生の一番楽しい20代に何の罪もないのに、ある区画以外に歩けない、完全に隔離された場所での生活。

    想像を絶するよね。今話題の黒田官兵衛でも数年の幽閉期間があったから、それから考えるとどれだけ過酷か。

    そして獄中で勉強をし、ありとあらゆることに精通した。生きる力ってすごいね。本当に。

    恋人、友人から裏切らても最後は優しさを見せるダンテスは本当に素晴らしい人間です。あっぱれ。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1802-70。フランスを代表する小説家・劇作家。生涯に長短合わせて250篇あまりの作品を書いたとされる。主な作品に『コルシカの兄弟』『モンテ・クリスト伯(巌窟王)』『三銃士』『ブラジュロンヌ子爵(鉄仮面)』『ダルタニャン物語』『王妃マルゴ』『王妃の首飾り』など。

「2016年 『ボルジア家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレクサンドル・デュマの作品

モンテ・クリスト伯(全7冊セット) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする