定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

著者 :
  • 岩波書店
4.50
  • (18)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 154
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784002011363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★教育の目的は子供の天分を見つけて食べていけるようにすること
    ★ 理想どうり自分が主人公として自分の思い通り生きること

    松田道雄は、14年前の1998年6月1日に89歳で亡くなった小児科医・育児評論家。

    この本は、不安と期待をもつ子育てを初めて経験する父親と母親のために書かれた本で、妊娠から誕生そして入学までの子育てに必要な知識を、子供を個性的に育てようと愛情と叡智を込めて、その年齢に応じた基本的な対応策がよくわかるように書かれた1967年に出てベストセラーになった本です。

    もしこの本が、絶えることなくロングセラーになってもっと広く読まれていたなら、赤ん坊が泣きやまないから床に投げつけて死なせてしまうとか、パチンコ店の駐車場で灼熱の車の中に放置して幼児を熱死させるなどという、子供にたいする虐待や殺人がなくなったかもしれないと思うのは、少しうがち過ぎるでしょうか。でも、そう妄想させる根拠は、この本がそこいら辺に転がっている単なる技術的なハウトゥ本などではなく、松田道雄ならではの松田道雄にしか書けない本だからです。それは、不安と気後れと、もしかして拒絶までしかねない母親に対して、小児科医としての豊富な知識と経験を元に、やさしくきめ細かくユーモラスに語りかけ、自分の子供が他と違って異常なんじゃないかと心配する母親にむけて、それはちっとも特殊でもなんでもなく普通の症状だから安心していいんですよ、と具体例を示して説明してくれる。そうすると、どうにかしてこの情況から逃げ出したいとイライラしていて、今まで不憫でなさけなく思っていた子供が、あわれで可哀そうに感じていた自分自身が、なんだ、撮り越し苦労で思い過ごしでバカみたい、なんだかフッとおかしくなってちからが抜けてくるようでした。という証言を、少なくとも身近で数十人の方から聞いたことがありました。

    まだ私は結婚も妊娠も出産もしていませんが、彼との出会いは高校生の頃に『革命と市民的自由』や五木寛之・久野收との共著『現代への視角』やトロツキー著・共訳『レーニン』や『在野の思想家たち』などを読んでからですが、すごい本を書いている小児科のお医者さんがいる程度の認識でしたが、その後60冊を超える彼の編著作を手にしてきました。加賀乙彦やなだいなだや帚木蓬生など、医師との二足の草鞋を履く作家・思想家の面白さユニークはまた格別です。

  • 友人からプレゼント。吉田戦車\伊藤理佐の育児コミックに出てきたり、第一子の時購入の育育児典の参考になってたりで気になっていた。

  • 一人目の子の時にはかなりお世話になりました。
    不安もだいぶん和らげてもらいました。

  • 誰が何をどう言おうが、育児本というのはこの3冊だけで十分なのだろう。
    岩波だから偉いわけでもないし、小児科医が書いてるということだけで信頼が置けるわけでもない。でもこんな記述を読むにつけ、この本だけで十分なのだろうと思う。
    「親になるということは、人間を完成に近づける機会であることはまちがいない。一方、子どもの側からすれば、あまり自信のある親は、よい親ではない。子どもといっしょに人生を探求しいっしょに育ってくれる親がいい。」
    「赤ちゃんとともに生きる母親が、その全生命をつねに新鮮に、つねに楽しく生きることが、赤ちゃんのまわりをつねに明るくする。近所の奥さんは遺伝子のちがう子を育てているのだ。長い間かけて自分流に成功しているのを初対面の医者に何がわかる。
    『なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ。』(ダンテ)」

  • 借り物。時代は感じるが、分厚いわりに簡潔な文章で意外に読みやすい。近い月齢のところと、目次で気になるところを拾い読みしておくと、そうとう助かる。目次が詳しくて、病気というほどではないけど「なんだこれ!」というときに引きやすい。

  • あちこちで紹介されているだけに素晴らしい内容の育児書
    たくさんの保育士や医師が入門書として読んでいると聞いていたが
    それもうなずける


    文章は簡潔明瞭ではぎれがよく読みやすい
    小児科の先生なのに赤ちゃんの目線で 専門外(医者ではない)親に
    もわかりやすい説明となっている

    ボリュームはあるけれど 月齢別に必要な箇所がけ読めばいいし
    病気に関しては百科事典のようにそこだけ読めばよいので
    使いやすい

    初版は1967年と古いけれど、核家族における夫の役割をとき
    集団保育制度への懸念し、病気については加筆改訂されているという
    素晴らしさ

    購入したのは文庫版だけれど 図書館で借りた単行本(新版)は
    心温まる写真とイラストもありもっと素晴らしかった

    妊娠中に出会っていたら 新生児期にあれほど悩まなかったのではないだろうか

    ただ
    育児スタイルに流行があるので
    古くさい内容だなとか
    この分厚さだけで読みたくないと思う人もいるかもしれない

  • これから育児に関わる全ての人へ。将来育児に関わりたいと思っている全ての人へ。一家に一セット常備しておくべきスゴ本。こどもに対する深い愛情と、両親に対する大きな励ましに満ちた、時代を超えて読み継がれるべき名著です。

  • いただいた本。

    繰り返し繰り返し読んで育児の参考にしている。
    大切な本。

  • 子供の月齢部分を成長に合わせて読んでいく、そういう本です。
    娘の部分を読みましたが、これは勉強になるし、安心させられる。

    強めの語り口調も読んでいてしっくり来る。

    子供と接する全ての方、買って損は無いと思います。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著者 松田道雄(まつだみちお) 1961年生まれ、生まれも育ちも今も山形県山形市 
中学教師(社会科)、着想家、社会教育家、ポリネーター(ワークショップほか企画作りの相談請負人)
1993年「壁画—ニット」プロジェクトで、ロレックス国際賞受賞 
●著書 『駄菓子屋楽校』(新評論、2002)
『だがしや楽校のススメ』(共著、創童舎 2003年8月発売)              『だがしや楽校を開こう』(仮)(共著、新評論)
 ※「だがしや楽校」は全国に広がりつつある
ラヂオ社会教育講座「天分楽校」 VigoFM78.8MHzHP:http://www.vigofm.co.jp/

「2003年 『天分カフェ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田道雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
宮部 みゆき
村上 春樹
J・モーティマー...
村上 春樹
ヴィクトール・E...
毛利 子来
有効な右矢印 無効な右矢印

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕を本棚に登録しているひと

ツイートする