ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)

制作 : 清水 真砂子 
  • 岩波書店
3.90
  • (73)
  • (40)
  • (81)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 315
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784002031187

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても素敵なお話です。
    思春期に読んでおくことをお勧めします。

  • 指輪物語、ナルニア国物語と共に「三大ファンタジー」とされる作品。ファンタジーって、もっと読んでてドキドキワクワクするものじゃないのか!?ファンタジー好きの私にはびっくりでした。暗い・・・。でも魅力的。読み返さないと・・・一回読んだだけでは理解できない。

    ル=グウィンさんの「ファンタジーは事実ではない。だが真実である。」という言葉も印象的。

  • ファンタジー=子供向けと思っていたのが大きな間違いだと頭をガツンとやられた思いです。なんだ、ゲドの話じゃないの?という不満もいつの間にか消えていました。魔法もあまり使わないし…ある意味、怪盗ルパン的な愉快さを求めていた自分がみっともなかったです。
    一つの何かを魔法で出せば世界のどこかで何かが一つ失われる。
    一枚の葉っぱをちぎれば世界中の木の葉が震える。
    そんな含蓄のある言葉のいかに多かったことでしょう。
    この本は読む年代によってさまざまな受け取られ方があるのでしょう。
    もっと、若いときに読んでいたら、きっと、思索上でなんらかの影響を受けたことと思います。
    さらに、一度通読しただけでは理解し切れない本でもあります。
    翻訳がうまいのかそうじゃないのかもわかりませんが、読み返さないとわからない部分をわざと作って訳されたとしたら、もう、脱帽です。
    もう一度、じっくりと味わいながら理解を深めながら読み返してみたいです。

  • 5冊目まで読了.
    読んでいて様々なことを考えた.
    呼び出された影との戦い,苦しみの山,死の丘と石垣...
    人への不信や憎しみの描写はリアルだった.
    力を失うことや,懐かしい家を失うこと,近しい人と引き離されることも同様.なぜか同調してしまう.

    全巻読了.
    宮崎アニメやその周辺の物語について,ルーツの一端を感じる.
    もちろん,欧米圏の物語についても同様だけど,時代にくみこまれているのでこの作品が影響を受けた作品と与えた作品がどのような関係にあるのかはよくわからない.
    楽しむぶんには同定する必要なんて無いのだけど,つながりを発見することは無垢に楽しいものかなと.

    魔法モノがお好きなアナタになら,きっとお好みでしょう.

  • 魔法の恐ろしさ不自由さが描かれいていて、1~3巻は非常に面白かった。
    ただ4巻で最悪な気分になったからそれ以降は読んでない。主人公のあんな姿は決して望まない。

  • [1968]1.ゲド戦記Ⅰ~影との戦い(A Wizard of Earthsea)
    [1971]2.ゲド戦記Ⅱ~こわれた腕輪(The Tombs of Atuan)
    [1972]3.ゲド戦記Ⅲ~さいはての島へ(The Farthest Shore)
    ↓18年後
    [1990]4.ゲド戦記最後の書~帰還(Tehanu, The Last Book of Earthsea)
    ↓11年後
    [2001]5.ゲド戦記外伝(Tales from Earthsea)
    [2001]6.ゲド戦記Ⅴ~アースシーの風(The Other Wind)

    面白い。1~3一気読み。「ジブリのゲド戦記(映画)」が原作のつぎはぎで勝手にストーリーを作り出したことが良く分かる。あれはあれで面白いかもしれないが。。。

    4はあり。ゲドが大魔法使いから「人」として生きる姿が好き。
    5まで完読。6は読まずに図書館へ返却。

  • 恐ろしく深い話である。ファンタジーとしても第一級。文句なし。

  • 「西のはての年代記」シリーズが非常に良かったので、執筆順とは逆になるが、次にこちらを読んでみた。

    「西のはて」に比べると、やや、粗削りだが、読み応えはある。だが、初期3作に比べると、追加された4〜5巻の完成度は低い。ゲドの老年期を描くという意味では面白い試みなのだが。

    各所で指摘されているように、別巻は5巻の後、6巻の前に読む必要がある。

    4巻で問題となった「フェミニズム的表現」、2011年の現在で読むと、どこが問題なのか分からず、もはや気にならないレベルであった。つまり、時代を先取りしていたということなのだろう。

    最も印象に残ったのは3巻、衰退した南方の島の描写で、20世紀後半の南北問題の陰画として迫力がある。

    ジブリ映画はまだ観ていないが、伝聞情報によれば、かなり劣化しているようだ。原作を読んでから別物として観るのが良いだろう。

  • 映画(アニメ)を見てから原作を読んだので、内容の複雑さに少し躊躇しました。
    映画よりも、原作の方がすばらしいと思いました。

    底流を流れている考え方は共通します。
    本作品では、魔法に対する考え方を示していると思いました。

    映画(アニメ)の方は、なんとか分かりやすくしようとして、
    単純化しすぎたのかもしれません。

    読み進んで行ったら,6巻まとめたものが売り出されました。
    クリスマスプレゼントには,こちらが最適かも。

    冬休み中に読み切るのにちょうどよいかもしれません。

  • ゲド戦記シリーズは1〜3巻が1970年代に書かれ、子供の頃から愛読してきました。90年代終わりに4巻がでた時にはびっくりしましたけど、すぐに読んで、前期3部作とずいぶん毛色が違うものの、こちらも堪能しました。その後21世紀に入って5巻と短篇集がでて、出るたびに買い揃えていきました(だから家にある1〜3巻は子供の頃に買ってもらった大事な本です)。でも、もし他人に薦めるなら、全部が一気にそろうこのセットです。

全66件中 1 - 10件を表示

ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)のその他の作品

ゲド戦記全6冊セットの詳細を見る 単行本 ゲド戦記全6冊セット アーシュラ・K.ル=グウィン
ゲド戦記ハードカバー版(全6巻セット) 単行本 ゲド戦記ハードカバー版(全6巻セット) アーシュラ・K.ル=グウィン
ゲド戦記(6点6冊セット) (岩波少年文庫) 単行本 ゲド戦記(6点6冊セット) (岩波少年文庫) アーシュラ・K.ル=グウィン

アーシュラ・K.ル=グウィンの作品

ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)に関連する談話室の質問

ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)を本棚に登録しているひと

ツイートする