宗教と国家 (日本近代思想大系)

  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (593ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002300054

作品紹介・あらすじ

国家神道をめぐる相剋。民衆意識を国家目的の方向に編成替えすべく、政府がまず着手した分野は宗教であった。官僚・神道家の意見、教化活動の日記、新聞論説、他宗教への弾圧と確執の記録等を収め、宗教関係法令一覧を付載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第5巻

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一橋大学名誉教授・故人

「2019年 『民衆宗教論 宗教的主体化とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安丸良夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×