落窪物語 住吉物語 (新 日本古典文学大系)

  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (498ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002400181

作品紹介・あらすじ

かずかずの苦難と試練を克服し、少女は大人になる。王朝の御代から広く読み継がれてきた継子いじめのおはなし。その代表作二篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第18巻

  • 卒論で使いました。重宝しましたよ(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1942年東京生まれ。詩人、国文学者。東京学芸大学、東京大学、立正大学の各教授を歴任。著書に『源氏物語の始原と現在』『源氏物語論』(角川源義賞受賞)、『〈うた〉起源考』など。詩人としては、『ことばのつえ、ことばのつえ』(藤村記念歴程賞および高見順賞)、『甦る詩学』(伊波普猷賞)、『言葉と戦争』(日本詩人クラブ詩界賞受賞)、『春楡の木』(鮎川信夫賞および芸術選奨文部科学大臣賞)など。

「2022年 『物語論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井貞和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×