猫の大虐殺 (同時代ライブラリー)

  • 岩波書店
2.90
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 41
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002600178

作品紹介・あらすじ

18世紀初頭のある日、パリ労働者街の猫がのこらず殺されたと記す印刷労働者の奇妙な手記は何を物語るか。史料の独特な解続が、謎につつまれた大革命に至るフランス社会のさまざまな階層の人々の精神と行動を生き生きと描きだした。社会史研究の最新の達成と評価される原書の中核的論文に新稿を加えて編集したオリジナル版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フランス史。
    農民は民話をとおして告げ口する。

  • タイトルでビビるなかれ。れっきとしたヨーロッパ史の専門書です。「猫の〜」は「座」の話。親方に虐げられる徒弟たちが、親方夫婦の可愛がる猫に復讐しようとした事からはじまる事件について。他にもメルヘンについての話とか。興味深いです。だだ、惜しむらくは私があまり、西洋史に詳しくない事……(ダメジャン!)

全2件中 1 - 2件を表示

ロバート・ダーントンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×