ある台湾知識人の悲劇―中国と日本のはざまで 葉盛吉伝 (同時代ライブラリー)

著者 : 楊威理
  • 岩波書店 (1993年2月15日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002601373

作品紹介

葉盛吉(日本名葉山達雄)は台湾に生まれ、旧制2高、東京帝大に学んだ。敗戦後、台湾へ帰り医師となる。1950年蒋介石の赤狩りで銃殺、享年27歳。常に真理を求め、中国と日本、台湾と大陸本土という2つの祖国と2つの故郷の間にひき裂かれて悩み続けた生涯を、同郷の友が遺稿をもとに描く感動の書下し評伝。

ある台湾知識人の悲劇―中国と日本のはざまで 葉盛吉伝 (同時代ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1人の台湾のエリートを通して見る、第二次世界大戦前後の日本、台湾、中国の歴史。丁寧に書かれている。

  • 我々にとって国家とは何か、祖国とは何か、
    という点について改めて考えさせてくれる。

    【長崎大学】ペンネーム:正本忍

全2件中 1 - 2件を表示

楊威理の作品

ある台湾知識人の悲劇―中国と日本のはざまで 葉盛吉伝 (同時代ライブラリー)はこんな本です

ある台湾知識人の悲劇―中国と日本のはざまで 葉盛吉伝 (同時代ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする