学校 (同時代ライブラリー (161))

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002601618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1999.02.05読了)(1998.12.17購入)
    (「MARC」データベースより)amazon
    授業というのはクラス全員が汗をかいて、一所懸命になって作り上げるものなんだ…構想15年、学ぶことと教えることの原点のような夜間中学を舞台にした映画「学校」が完成した。この映画のシナリオと対談によって教育現場の問題点を衝き学校を考える本。

    ☆関連図書(既読)
    「学校 Ⅱ」山田洋次・朝間義隆著、ちくま文庫、1996.09.24
    「学校 Ⅲ」山田洋次著、角川文庫、1998.10.25

  • 巻頭、山田洋二となんか教育関係の人の対談。あとは脚本。数えるほどだけど映画ではカットされていた場面も文字で読める。いちばん好きな映画なのでブックオフの105円棚で見つけた時は震えました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山田洋次(やまだ ようじ)
映画監督、脚本家。1931年生まれ。1969年に第一作が公開された、国民的大ヒット映画『男はつらいよ』シリーズ(全49作)ほか、『幸福の黄色いハンカチ』『学校』シリーズ『たそがれ清兵衛』『おとうと』『東京家族』『母と暮せば』など数々の名作を生んでいる。日本アカデミー賞最優秀監督賞3度のほか、国内外での受賞多数。2012年に文化勲章受章。
『男はつらいよ』50周年を迎える2019年に、第50作として新作が封切られることが話題になっている。

山田洋次の作品

学校 (同時代ライブラリー (161))を本棚に登録しているひと

ツイートする