柳田国男と折口信夫 (同時代ライブラリー (202))

  • 岩波書店 (1994年10月17日発売)
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002602028

柳田国男と折口信夫 (同時代ライブラリー (202))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 民俗学に関心のある方には、大変刺激的な本です。

  • 2009年度 8冊目  
               

     同時代ライブラリー202 『柳田國男と折口信夫』 

                                

        

     池田 彌三郎

     谷川 健一   対談

     岩波書店

     1994年10月17日第1版

     264ページ 1000円+税



     同時代ライブラリー202 『柳田國男と折口信夫』を楽しむ。

     以前から気になっていた柳田國男氏の人物像が薄ぼんやりと浮かび上がってくる。

     以前から何かにつけ言われていたが、折口信夫氏や南方熊楠氏などとの関係、柳田國男氏個人の民俗学に対する根本的な姿勢がわかりやすく書かれた一冊。

     柳田國男氏の伝統芸能や都会に関する部分で、京都に住む友人と 長時間電話で話す。

     柳田國男氏の好きな彼女は、釈然としない様子。

     今回の電話では、宮田登氏の名前はあえて出さなかった。

     どうも彼女は、宮田登氏を鼻であしらっている感がぬぐえないのが悔しい。(笑み)

     まぁ、電話と手紙ばかりも何だから、花の季節に一度お茶でもしてみよう・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

池田弥三郎の作品

柳田国男と折口信夫 (同時代ライブラリー (202))はこんな本です

柳田国男と折口信夫 (同時代ライブラリー (202))を本棚に登録しているひと

ツイートする