ことばの政治学 (同時代ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002602189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永川玲二さんの本は『アンダルシーア風土記』に続いて二冊目、これですべて。
    あとは翻訳だけになると思います。
    翻訳を読んでみたいです。

    この人は何か国語喋れるのかしら?
    基本的に「人と話すのが大好き」なのですね。
    語学の上達はそれが大きいかも。

  • 日本から出たことがないので、恥ずかしながらまったく意識をしたことがなかったことを突きつけられる内容でした。一読の価値はあります。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1928年鳥取県米子市生まれ。東京大学文学部英文科卒業。東京都立大学助教授を経て、1970年にスペインのセビーリャに移住、海洋文学史等を研究。2000年、一時帰国中に没。著書に『ことばの政治学』(岩波同時代ライブラリー)、『アンダルシーア風土記』(岩波書店)、訳書にグレアム・グリーン『情事の終り』(早川書房)、アラン・シリトー『土曜の夜と日曜の朝』(新潮文庫)、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』(集英社文庫)、ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』(共訳、集英社文庫)などがある。

「2015年 『死を忘れるな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ことばの政治学 (同時代ライブラリー)のその他の作品

ことばの政治学の詳細を見る 単行本 ことばの政治学 永川玲二

永川玲二の作品

ツイートする