西田幾多郎―人間の生涯ということ (同時代ライブラリー (243))

著者 : 上田閑照
  • 岩波書店 (1995年11月15日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002602431

西田幾多郎―人間の生涯ということ (同時代ライブラリー (243))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名前はよく聞くが、よく知らなかった日本の哲学者・西田幾多郎の評伝。西田に傾倒している著者が、彼の人となりから「人生」や「生涯」とは何かを考え語ったもの。
    西田の哲学者としての思想そのものにはほとんど触れていないが、日清日露と二つの大戦を生きた哲学者の生き様から、自己(吾)と世界(人)との関係性や、それらの折り合いの付け方のヒントが示されている。
    挿し絵代わりに西田の書の筆跡(墨跡)が多数掲載されているが、どれも芯のある柔らかさが感じられて、とても良い味わい。

全1件中 1 - 1件を表示

上田閑照の作品

西田幾多郎―人間の生涯ということ (同時代ライブラリー (243))はこんな本です

西田幾多郎―人間の生涯ということ (同時代ライブラリー (243))を本棚に登録しているひと

ツイートする