笑いと治癒力 (同時代ライブラリー (261))

制作 : 松田 銑 
  • 岩波書店
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002602615

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルとはちょっと違うような…。
    笑いによる治癒力についてもっと書かれているのかと思ったが、違った。
    後半はザーッと流し読み。

  • E・B・ホワイト、キャサリン・ホワイト「アメリカ・ユーモアの支金庫」 マックス・イーストマン「笑いと楽しみ」サー・ウィリアム・オスラーは笑いを「人生の音楽」と見なしていた たとえ病気になっても、意味のある人生を送り、さらにすすんでは多少の喜びすら味わって生きる余地はいつでも残っている

  • タイトルから、「笑い」を中心に書かれた本かと思っていたが、笑いについてはほとんど触れられておらず、著者は、人間がもつ自然治癒力を信じようということが言いたかったのかなと思った。
    「痛み」は敵ではなく、体からの「それは違うよ!」というサインなんだと気付いた。

    私も自分の力を信じて、健康になれるよう努力を続けたい。

  • 1960年代、アメリカのジャーナリスト、ノーマン・カズンズ氏が強直性脊椎炎という膠原病の一種になりました。医者から一生治らないと言われ、現代医学に失望して、別の方法で病を治すことにしました。

    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=363

  • 笑いの効用は、リウマチ患者への実験でも立証されている。「笑うかどには福来る」というのはあながち嘘ではない。元気が出ます。

  • 作者本人の体験をもとにしています。薬漬けが本当にいいのか?医者とはどういう存在か?この本によって医療の考え方が変わりました。他の出版社でも多数出版されてます。お勧め!

全6件中 1 - 6件を表示

ノーマン・カズンズの作品

ツイートする