明治の文化 (同時代ライブラリー (307))

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002603070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近代日本こそがアジアの平和──安重根の言う「東洋平和」──を壊した、いや壊し続けているうえに、それに対する責任がしかと引き受けられていないという苦い洞察にもとづきながら、それを可能にした「精神構造としての天皇制」を、明治期におけるその起源にまで遡って見通そうとすると同時に、その起源から聞こえてくる声なき民衆の声を拾い上げ、明治初期の民衆の精神が、その共同性、ないしはそこにある相互扶助の倫理などにもとづいて、人間の解放、そして「自由民権」の獲得へ向かいえたという民衆史の両義性をも浮き彫りにする色川民衆史の代表作。さらに、そこに関わって「西洋」の法論などを翻訳し、翻案した知性には、今の知性にはないしなやかさがあったことが指摘されている点も重要。「民衆」への深い信頼にもとづいて、「精神構造としての天皇制」を内側から解体するための橋頭堡を築こうとする労作と言えよう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1925年千葉県生まれ。歴史家。民衆史・自分史の提唱者。東京経済大学名誉教授。著書に『明治精神史』『ユーラシア大陸思索行』『定本歴史の方法』『色川大吉著作集』全六巻など。

「2017年 『わが半生の裏街道 原郷の再考から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

色川大吉の作品

ツイートする