なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (同時代ライブラリー (349))

制作 : 斎藤 武 
  • 岩波書店 (1998年7月15日発売)
3.69
  • (5)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002603490

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (同時代ライブラリー (349))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宗教家の人の本ですが,説教臭く無い,人間的な本です.
    自分や,親しい人が悲しんでいるときに.

  • 神に仕えているひとが書いた、運命についての本。
    なんで自分がこんな目に遭うんだ、なにか悪いことをしたか、という疑問に対する本。

    著者いわく、神が罰を与えているわけではない。神はひとりの人間に、不運をプレゼントする力はない、とあった。
    万人を見ているはずの神が、ひとりの人間に対しわざわざ苦難をあたえるだろうか?というのがその理由だ。

    だから、不運なことがあってもただの自然現象であって、それは神の意志ではない。
    それなら、神に対して怒ったり、神の罰だと思いながらおびえることはやめよう。
    そして、神に助けをもとめる。祈ることができる。

      余談
    下の文章を読んで、同じことを考えている自分がいた。
    自分は無宗教ではあるけど、信仰心はあるんだということがはっきりとした。
    自分が信じているのは、「実力の分だけ、成功する確率が高くなるという世界の仕組み」だ。
    それを信じているから、いまのところ特に不安にもおそわれず、不自由なく過ごしているのだと感じる。

    (前略)
     ですから、神よ
    ただ祈るのではなく
    力と決断と意志をのみ
    われらは祈り求めるのです。

  • わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: この本がスゴい2008 http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2008/11/2008-5e16.html

    ひとサマに向かって命令口調で上から目線で、「ぜったい読め!」という本は、あまりない。なぜなら、シュミも考え方も違うあなたに、「ぜったい」なんてないのだから。


     けれども本書は例外だ。「たったいま、ぜったい読んでおけ」と言い切れる。なぜなら、あなたの人生は平凡で順風である保障はないから。トラブルも悲劇も無縁なままだとは限らないから。耐えられないほど辛いめにあったとき、心が壊れそうな気持ちにとらわれたとき、本書のことを思い出してほしい。ひょっとすると、そんなときはほぼ錯乱して書名すら覚えていないかもしれない。


     だから、いまのうちに読んでおいて欲しい。そう断言できる。本書はあなたの保険になるんだ。


     心に痛みを抱きながら、日々なんとかしのいでいる人がいる。あるいは、「なぜ私がこんな酷い目に遭うのか?」と悲嘆に暮れている人がいる。突然、わが身に降りかかった災厄──病や事故、わが子や配偶者の死──から立ち直れない人がいる。そんな人にとって、伝統的な宗教はあまり役に立っていない。「神がいるというのに、なぜ、善良な人に悪いことが起きるのか?」 この問いかけに答えたのが本書。


     そんな人びとにとって、いちばん重要なのは、ただ「あなたは一人じゃない」と伝えることだという。ただ、一緒にいて、黙って聞いてあげる。苦しむ人がなんの罪もなく、何のいわれもなく不幸に見舞われていることを認めてあげる。時には、そうした不条理そのものを共に苦しみ、共に怒りを燃やすこと。そして、「あなたは孤独ではない」と伝えること――そこに至るまでの思考が、著者自身の辛い経験を交えて語られる。


     本書は、苦しいことにであったときの「処方箋」ではない。苦しいことは避けることもなくすこともできないのだから(できる程度の苦しみなら本書は不要)。本書は、苦しいことにどう応ずればよいのか、そのヒントを与えてくれる。自分の人生のなかで、ゆっくりと読んで使って欲しい。もちろん、本書が役立たないような人生なら、これほどありがたいことはないのだが…


     これを教えてもらったのはfinalventさん、ありがとうございます。「○○がいいなら△△を読め」なんて、finalventさんの十八番ですな。

  • 神様は善で全能であると信じていたのに、なんで、こんなにつらい思いをしなければいけないのか。私がそれほどまでに悪いことをしたのか?という問いに真剣に答えている本。そもそもそこまでつらい体験をしたことがない人には、それほどピンとこないかもしれない。それでも、世の中で苦しんでいる人はたくさんいるし、つらい思いをせずに一生を終える人などほとんどいない。そういう点で、誰もが読む価値のある本。

  •  難病の子どもを持ったユダヤ教のラビ(教師)が、「神」と「苦しみ」との関連を深く考えて著した本。聖書に深く関わった内容ではありますが、伝統的な神観とそれに基づく「苦しみ」の解釈に大きな疑問を投げかけています。神を信じているかどうかに関係なく、「なぜ私だけかこんな目に…?」と一度でも問うたことのある人には一読の価値のある本だと思います。現在この本は絶版になっており、私自身は古書店を探し回ってようやく見つけました。復刊を希望します。
    ※復刊しました!!復刊版の方も本棚に登録しましたので、是非ご覧下さい。

全7件中 1 - 7件を表示

H.S.クシュナーの作品

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (同時代ライブラリー (349))はこんな本です

ツイートする