井上ひさしの言葉を継ぐために (岩波ブックレット)

  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002707983

作品紹介・あらすじ

人が生きる哀歓を、愛おしさをこめて小説に、戯曲に託した井上ひさし。彼が「けっして裏切れないともだち」と、最後までこだわったのが憲法九条だった-。2010年4月に急逝した井上ひさしを悼み、九条の会のメンバーが、痛惜の念をこめて語った人と作品。書籍未収録の講演録「原爆とは何か」も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 井上ひさし「国語元年」を再読したいと思っている。言葉の重みを噛み締めたいから、、、

    岩波書店のPR
    「人が生きる哀歓を、愛おしさを込めて小説に、戯曲に託した井上ひさし。彼が「裏切れないともだち」と、最後までこだわったのが九条だった――。2010年 4月に急逝した井上ひさしを悼み、九条の会のメンバーが、痛惜の念をこめて語った井上ひさしとその作品。書籍未収録の井上ひさし講演録「原爆とは何か」を 同時収録。」

  • 私には難しい内容で、細部まで理解できなかった、、、
    けど、原爆のない世界のために
    ことばを絶やさない人がいて、
    そういう活動に参加していないとしても、
    心のどこかにそういう意識をもっていられたら
    と思います。
    まだまだ、思想ができあがっていない身なので、
    いろんなことを論理的に、思想的に批判できないけど、
    原爆なくなってほしいと、人として思います。
    願うだけではなくて、井上ひさし氏をはじめとする活動家のように、行動できる人になりたい。

  • マッカーサーの隠し子が広島にいるから原爆を落とされたなんていううわさもあった。広島原爆投下には日本の政府にも共犯者がいたそうだ。
    戦争や嫌だ。不幸なことばかりだ。平和に向かって戦争なしで生きていこう。

  • 井上ひさしの「原爆とは何か」が掲載されている。
    井上ひさしって、ひょっこりひょうたん島しか知らなかったけど、イメージが全然ちがってしまった。たくさんの人に読んでほしい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1934年山形県生。上智大学卒。浅草フランス座文芸部進行係等を経て文筆業に。「手鎖心中」で直木賞、『吉里吉里人』で読売文学賞、日本SF大賞等を受賞、他、小説、戯曲、テレビ脚本で受賞多数。2010年逝去。

「2017年 『国ゆたかにして義を忘れ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上ひさしの作品

ツイートする