きびしい時代を生きぬく力 (岩波ブックレット)

  • 岩波書店
3.42
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708034

作品紹介・あらすじ

出口の見えない不況、きつい人間関係…。この時代をどのように生きぬいていったらいいのか。困難に直面した人たちが絶望せずに生き続けたのはなぜか。心の中の回復していく力とは。誰もが「弱者」になりうる時代に届けたい1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頑張りすぎず、どうしても譲れないところは負けないようにする。

    村木さんと常岡さんの精神力の強さ、
    置かれた状況から楽しいことを見つけようとする前向きさ、カッコいい!

  • 精神科医とジャーナリストが講演と対談をしたときの記録。
    がんばりすぎないこと、限られた中でできることをしっかりやること、この辺がポイントらしい。

  • 2010年9月11日に行なわれた講演、対談に加筆したもの。

  • 読み終わった時、肩の荷が少し下りました。

  • 「失敗したら失敗したで、そういう生き方もある」

  • いい本だった。香山さんと江川さん。意外なのか珍しくないのかどんなとり合わせなんだろう。香山さんの精神医学者としてのまなざしには共感をいだく。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

精神科医・立教大学現代心理学部教授。
 1960年7月1日北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。
 その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。

「2018年 『身近な人が「うつ」になったら読む本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香山リカの作品

ツイートする