裁判員時代に死刑を考える (岩波ブックレット)

  • 岩波書店 (2011年5月11日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 25人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708072

作品紹介

裁判員裁判が始まり、死刑判決のケースが出てきている。『モリのアサガオ』などを通じて死刑とは、を問いかける漫画家郷田氏と、裁判員裁判を取材し続けているジャーナリスト竹田氏が、死刑の基準、判例、裁判員が死刑判決にかかわることについて対談する。

裁判員時代に死刑を考える (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とにかく考えさせられた。
    今までなんとなくしか思ってなかった、「裁判員制度」と「死刑」。
    でもどちらも海外へ行くと話題にあがるテーマ。
    しばらく特に「死刑」に関して考えたい。
    今は少し反対に傾いてるかな

  • 「『モリノアサガオ』などを通じて死刑とは、を問いかける漫画家郷田氏と、裁判員裁判を取材し続けているジャーナリスト竹田氏が、死刑の基準、判例、裁判員が死刑判決にかかわることについて対談」(裏表紙あらすじ引用)した本。岩波ブックレットNo.807。
    法律などに詳しくない私には、脚注や対談内容を読んでも分からないことが多々ありました。しかし、タイトル通り、死刑の是非について、この時代だからこそ一人一人が考えるべきテーマでもあります。そのきっかけとしては、おすすめだと思いました。個人的に1番驚いたことは、被害者参加制度(被害者や遺族、代理人の弁護士が裁判に参加して質問や量刑への意見を述べる制度)が2008年12月まで導入されたことです。それまで被害者側は被告に対して直接質問が出来ず、ただ判決を見守るしか出来なかったなんて……信じられない。

  • 現在の問題点を論じた対談。

全4件中 1 - 4件を表示

郷田マモラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
ウォルター・アイ...
横山 秀夫
朝井 リョウ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

裁判員時代に死刑を考える (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする