内部被曝 (岩波ブックレット)

  • 31人登録
  • 5.00評価
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 岩波書店 (2012年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708324

作品紹介

東日本大震災以降、放射能による問題として重要視されている内部被曝とは何か。さらに人体への影響の度合いに、様々な見解があるのはなぜか。いまの状況にいたるまでの軌跡をたどりながら、その問題点をわかりやすく解説する。

内部被曝 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容もわかりやすく、大変参考になった。

    ここに書かれていることが全て正しいわけでもないだろうが、一つの考え方としては筋が通っていて、合理的なものであると感じた☆

  • 「科学することは、物を具体的に見ることです。真理は常に、具体的なのです。」P39

    「人」の具体性も、被ばくの具体性が現れる内部被ばくも切り捨てているICRP(国際放射能防護委員会)。
    じつは、核戦略や原子力産業などの都合に配慮した功利主義からはじき出された「1ミリシーベルト/年間」という被ばく限度。

    それに対して私たち市民は「具体的に知り、判断し、行動していく」P67。「住民が声を上げて自治体に迫るところは、自治体の態度が変化してきている」P66。

    「受験本位の学力」教育で、内容を楽しむ「心を躍動させる学習」授業が展開できていないことP67にも触れられています。

  • 矢ヶ 克馬 (著), 守田 敏也 (著)
    3・11以降、放射能の人への影響として、内部被曝を考えることが重要視されている。この内部被曝とは何か、またなぜ起こるのか。さらに内部被曝は、その影響の度合いについて様々な見解があるのはなぜか。いまの状況にいたるまでの軌跡をたどりながら、その問題点を明らかにする。

全3件中 1 - 3件を表示

矢ヶ崎克馬の作品

内部被曝 (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする