日本の保育はどうなる――幼保一体化と「こども園」への展望 (岩波ブックレット)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 普光院亜紀
  • 岩波書店 (2012年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708409

作品紹介

長らく議論されてきた「幼保一体化」問題。その制度化をめざす「子ども・子育て支援法案」が国会に提出され、様々な疑問が出された。新設が予定される「こども園」で本当に待機児童は解消するのか、保育の質は保たれるのか、保育料はどうなるのか-法案検討ワーキングチームの一員として、保育園が大切にしてきた理念を盛り込むことに努めてきた著者が、法案の内容と今後の課題をわかりやすく説明する。

日本の保育はどうなる――幼保一体化と「こども園」への展望 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 薄く完結にまとめていただいてる本です。
    できれば、法施行後の現在に、更新して、再発行してほしいです。

  • 教育や福祉に、効率や経済的利益は馴染まない。
    幼保一体化が幼児のよき成長ために作用することを期待する。

  • 認定こども園→総合こども園へ
    2015年度の消費税引き上げ後,財源を確保した上で移行。
    しかし,幼稚園型,託児所型保育所は依然として残るなかでの移行であり,3歳未満児の待機児童の解消は難しいだろう。公的サービスだけで対応できない部分をどう取り組んでいくか工夫がいる。

全3件中 1 - 3件を表示

普光院亜紀の作品

日本の保育はどうなる――幼保一体化と「こども園」への展望 (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする