原発は火力より高い (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708805

作品紹介・あらすじ

原発を再稼働させるための理由として、燃料費高騰による火力発電の高コストがしばしば挙げられる。しかし、原発は本当に火力よりも安いのか。電力会社の決算書や値上げ申請書など、「表向き」の数字を使って計算をしても、「原発は安い」という論理が成り立たないことを明らかにする。原発=不良債権の処理方法を具体的に提言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年に出版された『原発は不良債権である』の続編。発電単価が安い安と言われてきた原子力発電ではあるが、それは原発によるエネルギー政策を進めるために、都合上つくられてきた数字であり、公表されてきた数字を使って計算してみても、安いという論理は成り立たないことを明らかにしていく。その中で、この巨大な不良債権をどうすべきなのか、賠償問題をどう組み立てなおしていくのか、そして分散ネットワーク型社会へ向けての提言、などが述べられていく。
    実際には、東京電力がもはや経営破たんをきたしていることをあらわす様々な数字が生々しい。

  •  ……イヤもうそれ最初から気づいていたことでしょ? という気がする。
     要は「未来にツケを払わせて今は何とかしのぐ政策」のひとつ。

     なんというか、発展途上国(という言い回しもおかしいけれど)が発展するためにそれ以外を考えられないというならわかるけど、日本はいまだにその根性なんだろうなぁと思う。
     だからこそオリンピック怖い。日本の発展のためと言って、未来に借金を負わないか? ほんとうに?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

金子勝
1944年1月16日、愛知県に生まれる。1966年3月に愛知大学法経学部法学科を卒業する。愛知大学大学院で鈴木安蔵氏に師事。現在、立正大学法学部名誉教授。国民の「幸福」のために、世界と日本の憲法問題を科学的に解明するためには、憲法学・政治学・社会科学が必要であるとの考えから、憲法学、政治学、社会科学論を専攻。著書に、『社会科学の構造』(1986年、勁草書房)、『日本国憲法の原理と「国家改造構想」』(1994年、勁草書房)、『社会科学の世界』(1999年、勁草書房)、『憲法の論理と安保の論理』(2013年、勁草書房)がある。共著に、『やさしい憲法をお母さんへ』(1998年、自治体研究社)、『おかあさんと語る教育基本法──子どもたちのすこやかな成長のために──』(2003年、本の泉社)、『憲法?』(2006年、本の泉社)などがある。趣味は、漫画と落語。斎藤隆介作・滝平二郎絵の創作民話『花さき山』(1969年、岩崎書店)が、大好き。

「2018年 『金子勝先生のやさしい憲法教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子勝の作品

ツイートする