自然エネルギーQ&A (岩波ブックレット)

制作 : 自然エネルギー財団 
  • 岩波書店 (2013年10月5日発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708843

作品紹介

自然エネルギーで大丈夫?-3.11後、日本でも期待が高まる自然エネルギー。気候変動を招く二酸化炭素を出さず、枯渇もせず、外国から輸入しなくてもいい、資源小国の日本にとってまさに理想的なエネルギーだが、一方で「風だのみで安定しないのでは?」「コストが高い?」といった声も根強い。そんな疑問の数々に、第一線の研究者が明快に応答!社会を根底から変えつつある自然エネルギーの可能性を、日本でも拓いていくために。

自然エネルギーQ&A (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良いとは思うが、本当にそううまくいくものなのか、という疑問の声に対して、第一線の研究者たちがQ&A方式で答えるブックレット。
    自然エネルギーって何? コストが高いのでは? お天気まかせで不安定な電源なのでは? 環境影響や健康被害はないの? ドイツで電気料金が高騰していると聞きましたが? など8つのクエスチョンが挙げられている。自然エネルギー財団編であるだけに、すべての回答は超ポジティブな内容であり、1日も早く自然エネルギーにシフトして、持続可能な社会を築いていこうというメッセージ集となっている。

  • それなりに納得の行く内容で,疑問も多少解消する。ただ,自然エネルギー発電はなんといっても燃料がいらない,というところが重要。あっても邪魔にならないとなれば結構有用だろう。平地にメガソーラーが並んでいる光景には疑問符を浮かべるが,屋根という屋根にソーラー設置すれば大したものとなるのではないか。風力発電の,地域で所有する“自分たちの所有感”はなるほどと思った。どこまで使えるのか,世間で言われていることは本当か,まだまだ胡散臭いところもあるが,とはいえ原子力発電よりははるかによいことは確かだ。

  • 冊子自体は薄いのですが 中身は結構かたいです。
    内容は理解できるけど 教科書みたいだなぁ…
    それで良いのかもしれないけど…

全3件中 1 - 3件を表示

自然エネルギーQ&A (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする