非核芸術案内――核はどう描かれてきたか (岩波ブックレット)

著者 : 岡村幸宣
  • 岩波書店 (2013年12月5日発売)
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708874

作品紹介

丸木位里・俊"原爆の図"、ベン・シャーン"ラッキー・ドラゴン・シリーズ"、こうの史代"夕凪の街 桜の国"、ヤノベケンジ"サン・チャイルド"-1945年の広島・長崎への原爆投下から2011年の福島原発事故まで、核はどのように表現されてきたのか。忘却に抗い、核の脅威を視覚化し続けてきた「非核芸術」の系譜をたどり、人間と核との関係をあらためて問い直す。

非核芸術案内――核はどう描かれてきたか (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なにかをめにみえるかたちにしてのこしてゆくということを考える。

    めにみえなくはないけれどもかくされやすい、かくれやすいもの考えるにあたっては、めにみえるなにかにそれらの問題を託すということできるのだ、と。誇張ではない、けれども強烈なメッセージを持つ視覚芸術作品がいくつも紹介されている。そこからうまれた画集、作品集、絵本、漫画、というくくりでみればとてもよいブックガイドなのではないか思ったりも。

  • 核をテーマに被爆国の様々な絵が紹介されている。
    出版年度が2011年と近いこともあり、核の恐ろしさを改めて認識できる一冊に仕上がっている。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784002708874

全3件中 1 - 3件を表示

岡村幸宣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
いとう せいこう
ジョルジョ・アガ...
三浦 しをん
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

非核芸術案内――核はどう描かれてきたか (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする