海をよみがえらせる――諫早湾の再生から考える (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00527405

  • 諫早湾の潮受け堤防が閉められた後、実際の干拓地がどのようになっているのか見に行ったことがあります。最近、ひょんなことからその話を若い子にしたら、「諫早湾の干拓って何ですか?」と言われました。

    裁判により排水門の開放が支持され、一方でその後県の申し立てにより差し止めが決まるなど、諫早湾の干拓事業をめぐる争いは現在もなお続いています。しかし、現在進行形の出来事でありながら、このことについての関心は未だに低いままです。

    本書は生物学を研究されている方が書かれた“開門派”による入門書ですので、開門あるべきという前提で書かれてはいます。ただ、これまでの経緯や何が開門におけるネックなのか、ということも紙幅を削って語られています。その点で、「干拓事業」という現在進行形の問題を考えるきっかけになる1冊なのではないかと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤正典の作品

ツイートする