自転車に冷たい国、ニッポン――安心して走れる街へ (岩波ブックレット)

著者 : 馬場直子
  • 岩波書店 (2014年9月27日発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002709093

自転車に冷たい国、ニッポン――安心して走れる街へ (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784002709093

  • 自転車関連の本をもう少し読んでいこうと、手に取った一冊。とっても薄くてあっというまに読める本でした。新聞記者らしく数字やデータを用いて、世界の主要都市との比較や問題点をシンプルにまとめる文章で、まずは知ってみようという人向きの本だと思いました。もう少し知りたい、という人には、中身も厚みが必要かもしれませんね。印象に残ったのは、傾斜度と自転車の関係を取り上げていたところ。東京都といっても自治体ごとに違うわけで、立川近辺はどうなんだろうと思いました。

  •  岩波ブックレットてまだ出てるんだね。No.909だって。自転車問題。一部では以前から問題になっているけれどいまひとつ盛り上がらない。こんなに日常的に利用されていながら、利用者意識が頑なに固定されてしまっていて、まさに総論賛成各論反対。誰が何を言おうと歩道を傍若無人に走り回る自転車はなくならない。疋田智さんの名前を知っている人には釈迦に説法だが、本書の馬場さんをはじめ少なからぬ影響力をもつマスコミ関係者が声高にどれだけ叫ぼうと現実は変わらない。ただし自転車に冷たい、と被害者意識をあおるのはある意味逆効果ではないか。自転車を甘やかしているのも大きな間違いひとつだ。ぼくの考える解決法は簡単で、車道の左端に青ペンキで矢印を書き自転車は軽車両として交通法規を守ってそこを走る、それだけだ。歩道を走る自転車はびしびし取り締まる。もちろん車道の違法駐車は厳しく摘発する。もうひとつ言わせてもらえば、車道排水の側溝フタ、あれは自転車乗りにとって悪意以外の何物でもない。タイヤが落ちないように舗装面と同一面にしてスリットは横に切ってほしい。

  • クルマ叩きという気もしますが、今までがアレなので、多少のバイアスは仕方ないかと。一般道でのジャンクションなんて、酷いですよね。自歩道を走行していたら、オーバー/アンダーパスで自歩道消失とか。せめて、案内板くらいは欲しいです。

  • 自転車の双方向通行をなくしていくことが、事故の減少につながると思う。
    本書の主旨、主張にほとんど同意見である。
    自分も自転車に乗るので、いろいろ考えさせられた。

    データが文章で示されているが、図表があってもよかったと思う。

    最後のまとめに「東京オリンピックを機に車社会から脱する最後のチャンスかもしれない。物質だけでなく、精神的にも豊かになるターニングポイント」というような主旨の言葉があったが、都市部では、公共交通機関が発達し、自転車だけ(あるいは徒歩)で充分かもしれないが、地方(田舎)では、やはり自動車がないと生活に不便なことが多い。いや、ほとんどだろう。

    地方における安全な「share the road」をどうするかも大きな課題だろう。

  • 自転車乗りなので、確かにそうだと思う反面。歩行者への配慮の足りない自転車乗りも居るからなぁ、、、

    岩波書店のPR
    http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-270909

全6件中 1 - 6件を表示

馬場直子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
NHK「無縁社会...
三浦 しをん
ピエール ルメー...
いとう せいこう
エラ・フランシス...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

自転車に冷たい国、ニッポン――安心して走れる街へ (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする