動かすな、原発。――大飯原発地裁判決からの出発 (岩波ブックレット)

  • 岩波書店
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002709123

作品紹介・あらすじ

3.11の福島第一原子力発電所事故の後、唯一再稼働をした「実績」を持つ大飯原発に対して、福井地裁は「動かしてはならない」との判決を出した。「原発銀座」「原発城下町」で長年にわたり大飯原発の危険性を訴えてきた原告・弁護団の声を紹介するとともに、判決の内容と今後への影響を分析する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  2014年5月の「大飯原発福井地裁判決」は,「司法は生きていた」と,原告を喜ばせました。本ブックレットには,この裁判に関わった方々の「判決文から学んだこと」と,判決の要旨が載っています。
     この判決文を読んでいるだけで,なんか勇気が出て来ます。
     中嶌哲演住職,まだまだお元気です。
     未だ,だれも責任をとらない福島原発「震災(人災)」。このままでいいわけがありません。

  • 事故の後、原発の危険を訴える市民の声に耳を傾けなかった裁判所が強く批判されたのは当然のこと。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、東京都生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、同大学院修了。1974年4月から2015年3月まで京都大学原子炉実験所助手・助教。一貫して「原子力をやめることに役に立つ研究」を行い、反原発運動の理論的支柱として活動してきた。著書に、『原発のウソ』(扶桑社新書、2011年)、『放射能汚染の現実を超えて』(河出書房新社、2011年)、『隠される原子力 核の真実』(創史社、2011年)など。

「2015年 『「走る原発」エコカー 危ない水素社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小出裕章の作品

ツイートする