学問の自由と大学の危機 (岩波ブックレット)

  • 岩波書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002709383

作品紹介・あらすじ

これまでにない事態が起きている-。2015年6月16日、国立大学長会議であいさつに立った下村博文文部科学大臣(当時)は、国立大学の学長たちに向かって、「入学式・卒業式における国旗・国歌の取り扱いについて、適切にご判断いただけるようお願いする」と述べた。なぜ公的な場で文部科学大臣が「要請」をすることが問題なのか。大学・学問・知と政治の関係はどうあるべきか。「学問の自由を考える会」のシンポジウムにおける憲法学者、歴史学者、政治学者による報告と、討議を踏まえた教育学者の論考を収載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書き手によってトーンがかなり違う。
    やはり「学問の自由」をいかに正当化できるかというのが気になるのだが、これはなかなか難しいと思う。
    山口先生などはかなり相当イデオロギッシュなことを言っているわけだが、私はまあわかるというか、共感的に読むこともできなくないのだが、最終的には政治的闘争の問題になってしまうのかなとか。山口先生のことが嫌いな人とか、学問に価値が内在しているとか思ってない人には全く通じないだろう。
    しかし勉強になった。

全1件中 1 - 1件を表示

広田照幸の作品

ツイートする