田園回帰がひらく未来――農山村再生の最前線 (岩波ブックレット)

  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002709505

作品紹介・あらすじ

都市から地方への移住は、欧米では1970年代に始まった。これに数十年遅れて動き始めた日本の「田園回帰」は、単なる人口逆流ではない。地元の内発的な地域づくりに繋がり、都市と農山村の共生をも導いている。新しい意識と行動力を持った若者が牽引する地方移住の現状と背景、展望を開くシンポジウム記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なぜ、都市の人々、特に若者が農山村に向かうのか。農山村は受け入れる準備はあるのか。この現象にはいかなる多様性があるのか。この動きを定着させる戦略とはーはじめにより


    「田園回帰」をめぐる様々な論点があるなかで、2015年11月17日に実施されたシンポジウム「都市・農村共生社会創造全国リレーシンポジウム」の東京会場での基調講演とパネルディスカッションをまとめた記録&提言集。

    印象的だったのは、
    「田園回帰」の動きが、「豊かさ」と「貧しさ」の再定義につながると提言されていたこと。
    物質的な豊かさから、関係性の豊かさへ。


    中山間地域に空き家を抱えて、管理と運用に困っている私も、何かできるかも…と思わせてくれた一冊でした。

  • 田舎が嫌で東京に来て30年超(!)、桧原村や飯能あたりで暮らすのも悪くないかなと思う、今日この頃。

  • 地域創生で著名の3名が集結したセミナーを書籍化。

    経済の地域循環、地域みがき、得意を持ち寄って暮らす

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第5章
1959年 神奈川県生まれ
明治大学農学部教授 博士(農学)

「2019年 『食料・農業・農村の政策課題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小田切徳美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井リョウ
リンダ グラット...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×