「主権者教育」を問う (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002709536

作品紹介・あらすじ

この教育で"主権者"は本当に育つのか?選挙権年齢が18歳に引き下げられるのを機に教育現場で進行している事態を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは何の目的で書かれたのだろうか。
    現政権の批判、若者による政治批判運動の礼讃、副読本の曲解と批判.......
    確かに副読本とQ&Aが主権者教育の全てではないこと、行政の示す方策では不完全であることも(これまでの事例からもわかるように)明白である。
    現場の教員に求められるのは、これらを無批判に嚥下し生徒に行うのではなく、それぞれの不断の努力と工夫でよりよい主権者教育を行うことではないだろうか。
    そのために必要な事柄を行政から全て与えられる訳がない。

    書きたい気持ちは非常に伝わるが、そもそも主権者教育の本質、行政の本質、批判の本質を履き違えているような気がしてならない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

新藤 宗幸
新藤宗幸:後藤・安田記念東京都市研究所理事長/千葉大学名誉教授

「2016年 『現代日本政治入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新藤宗幸の作品

ツイートする