狙われる18歳! ?――消費者被害から身を守る18のQ&A (岩波ブックレット, 1043)

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 41
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002710433

作品紹介・あらすじ

若者が「大人」になる年齢が一八歳へ——明治時代からずっと二〇歳だった成年年齢が、二〇二二年四月、一八歳に引き下げられる。これまでより二年早く大人になるだけ? ところが、たった二年の引下げにより、若者たちに消費者被害が広まるおそれが指摘されている。リスクの説明と、未来を創る若い人たちへのヒント集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • https://cool.obirin.ac.jp/opac/volume/870216


    ひなたやま、多摩にもあります

  • やや「説教くさい」印象もありますが、2022年4月1日より民法が改正されて成年年齢が18歳に引き下げられるにあたり、とくに若い世代やその教育に携わる人に読んでほしいと思います。
    教科書よりも読みやすく、必要なポイントに絞って、今回の民法改正(成年年齢引き下げ)にあたって注意すべき事柄がまとめられています。

    そもそも、成年年齢が引き下げられるという法改正には疑問が残る、ということも含め、「未成年者取消権」や「親権の対象」から外れることにより、18・19歳の新成年たちは消費者トラブルに巻き込まれるリスクが上昇するという懸念もあります。
    世の中の契約(とくに売買契約や借金など)がどのような仕組みで、どのようなリスクがあるのか、またアルバイトも含め、労働契約においてもどのような点に注意する必要があるのか、ということを18歳を迎える前に伝えておく必要があると痛感しました。
    そして安易に契約を結ばずに(仮に18歳。成年を迎えていたとしても)不安を覚えたら親をはじめ周囲の信頼できる大人へ相談するべきということも、あわせて子どもたちに伝えたいですし、若者をターゲットにした消費者トラブルが起こらないような世の中になるよう、周りの大人たちが「見本」を示すことが大切だと感じます。

  • 大阪樟蔭女子大学図書館OPACへのリンク
    https://library.osaka-shoin.ac.jp/opac/volume/678040

全5件中 1 - 5件を表示

日本弁護士連合会消費者問題対策委員会の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
小川糸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×