土左日記 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.45
  • (6)
  • (6)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003001318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「をとこもすなる日記といふものを、をむなもしてみむとてするなり。」(男も書くと聞く日記というものを、女(である自分)もしてみようと書いてみるわ。)

    日本文学史上これほど際立った出だしはあるだろうか。もちろん女装趣味なわけではない。たぶん。
    承平四(934)年12月21日の土佐国府の出発から、承平五(935)年2月16日の京の自宅到着までの、55日間を要した旅行での出来事を記したあまりにも有名な紀行日記である。
    解説によれば実際の旅行での実務的な日記をベースに、後日、文芸作品にまで高めて発表された(?)ものとのことで、様々な文学的技巧が凝らされていて、和歌も59首、収載されている。
    しかし、そのような文学的評価とは別に、読了してみてまず思うのは、当時の船旅は本当に風まかせ波まかせということで、一所に止まっている日が嫌になるくらいにたびたびあったんだなということだろう。そんな中で、土佐を出るときは皆に送迎され、なんだかんだと酒宴があってとても楽しげでもある。そして、いろいろな出来事にかこつけて捻りだされる和歌もとても風流で、現代から考えるととても悠長な船旅なのだが、逆にゆったりと物事を感じることができて、そのような気分にも浸れるのかもしれない。
    一方で本作の底流に流れるのは、土佐国在任中に死んでしまった亡き愛娘への限りない想いで、京帰還へのはやる気持ちと、その裏腹としての亡き愛娘への追憶の情がそこかしこに滲み出ていて、この紀行日記に深みを与えている。
    また、船旅日記という形式であらわにされる心情表現はなかなか面白いものがあり、船足が停滞している時にはどんよりとした気持ちになり、波を蹴って大海原を進んだ時には弾んだ気持ちにもなり、さらに貫之が様々な人物に仮託して心情表現しているところなどは文芸作品ならではの面白味にもなっている。船頭が波を読み違えたのを罵倒しているかと思えば、波を鎮める知恵を出した時には褒めたたえる現金さには思わず笑いがこみ上げてくる。ざっくばらんに、ちょっとした嫌味や愚痴をぽろっと出してしまうところも、本作品が後世にまで読み継がれ愛される理由のひとつでもあるだろう。
    我が国初の仮名文日記で、後の女流文学の先駆けとなったという文学史的記念碑でもあるのだが、そんなことを抜きにしても現代でも紀行日記として普通に楽しめる作品なのだと思う。高校(?)の古典の授業以来だったので、そういった懐かしさもひとしおだったかな。(笑)

    以下は気になった和歌をいくつか。
    「ゆく人もとまるも袖のなみだがはみぎはのみこそ濡れまさりけれ」
    「影みれば波の底なるひさかたの空漕ぎわたる我ぞわびしき」
    「あをうなばらふりさけ見れば春日なるみかさの山にいでし月かも」
    「波とのみ一つに聞けど色見れば雪と花とにまがひけるかな」
    「寄するなみ打ちも寄せなむ我が恋ふる人忘れ貝おりてひろはむ」
    「すみのえにふねさしよせよ忘れ草しるしありやと摘みてゆくべく」
    「ひさかたの月に生ひたるかつらがは底なる影もかはらざりけり」
    「生まれしもかへらぬものをわが宿に小松のあるを見るがかなしさ」

  • 土佐守としての任期を終えた紀貫之が、都へ帰るまでの道中を綴った日記文学。歌を詠んでは慰め合いながらの長い道のり、当時の人々の素朴な思いが伝わります。

  • 安定の岩波文庫だなぁと思ってしまった。
    原文と注釈、そして和歌の現代訳が載っているから、一冊でなんとなく事足りる。
    日記、というより旅行記、回顧録という感じ。
    読んでいるうちについつい口に出してしまうのは、言葉の綾というか、響きが現代では遠いものになっているかもしれない。
    それでいて心地よい。

  • 資料番号:010779866 
    請求記号:915.3キ

  • 「をとこもすなる日記といふものを、をむなもしてみむとするなり」という冒頭の一句が示すように、紀貫之(868?‐945)が任地土佐国から船出し辛苦のすえ帰京するまでの一部始終を女性の筆に仮託して綴ったわが国初の仮名文日記。人生の内面や真実を情趣と含蓄に富んだ筆致で描き、次代の女流文学の全盛を導き出す先駆となった。

  • 読み始めました。
    御堂筋線、なんば駅あたりで。
    (2013年8月10日)

    読み終えました。
    新幹線車中で。
    (2013年8月11日)

  • 「土佐日記」は、平仮名まじりの和文で書かれた日記である。紀貴之は「古今和歌集」の撰者でもあり、和歌を詠むために平仮名を多用していただろうが、平仮名は漢文に較べて劣るものと思われていた当時に男が平仮名で日記を書くとは相当革新的人物だったのだ
    ろうか…。
     土佐日記は、土佐守の任期を終えた紀貴之の一行が正月も迫った12月21日、京に向かって船出する場面から始まる。土佐から室戸岬を回り、日和佐、阿南、徳島、鳴門と阿波の海南沿いに進み、海賊が出るからと夜半に阿波の鳴門を渡り和泉の多奈川に着いたのは、出発してから40日目であった。 住吉大社では、風が逆風になり船が進まなくなるアクシデントにあうが、貴重な鏡を海に投込み無事淀川の河口まで到着する。
      「(2月)六日、澪標の下より出でて、難波に着きて、河尻に入る。みな人々、嫗、翁、額に手を当てて喜ぶごと二つなし」紀貴之の一行は大喜びのうちに、海と別れを告げて、淀川に入る。『七日、けふは川尻に舟入立ちて漕のぼるに河の水干て悩み煩ふ』川尻とは、東淀川区の江□のことだといわれている。江□は遊女の里として有名だが、紀貴之が停泊した935年はただの碇泊地だったと想像される。江口が遊女の里として有名になるのは11~12世紀にかけてで、西行と遊女妙との歌問答は、「新古今和歌集」「撰集抄」にある。妙が普賢菩薩になって去ったので建てられたのが江口の君堂(寂光寺)である。
      『八日は、なほ河上に泥みて、(新幹線の鳥飼基地近くの)鳥養の御牧という辺りにとどまる』
     淀川の水が干上がっでいて難渋しながらも船は綱に引かれてのぽって行く。10日には、船から渚の院が見える枚方まで到着した。ここは、『世の中に絶えて桜の咲かされば春の心はのどけからまし』という和歌を在原業平が詠んだところだと、貴之は昔を思い浮かべ感激し、やがて一行は山崎から都へと55日間の旅を終える。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003001311
    ── 紀 貫之/鈴木 知太郎・編《土左日記 19790416 岩波書店》誤=土佐
     

  • 高校2年生/図書館にて
    915.32ミ
    4156

  • 512夜

全13件中 1 - 10件を表示

土左日記 (岩波文庫)のその他の作品

紀貫之の作品

ツイートする