紫式部日記 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.27
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003001578

作品紹介・あらすじ

紫式部が中宮彰子に仕えた期間のうち寛弘5(1008)年7月から約1年半にわたる日記と消息文から成る。道長邸の生活、彰子の出産、正月の節会など大小の見聞が式部独特の鋭敏な感覚を通して記録されている。自他の人間を見すえてたじろぐことのなかった『源氏物語』の作者の複雑な内面生活をうかがい知るうえからも貴重な文献。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いわずもがなの源氏物語作者の日記。道長との関係が怪しいところ。ただ、本書は現代語訳がないので、とりあえずぶつぶつと小声で音読しただけ。古典慣れに使いました。

  • 資料番号:010677821 
    請求記号:915.3ム

  • 高校2年生/図書館にて
    9918シ17
    14443

  •  
    ── 紫 式部/池田 亀鑑&秋山 虔・校注
    《紫式部日記 19641118-19960515 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003001575
     
    (20091108)
     

  • 昭和二十六年に発行されたすんごいぼろぼろの古本。
    もらいもの。

  • 紫式部の日記(笑)昔の貴族の時間の流れは相当遅そうです。現代人の私が行ったら耐えられない 無理。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

平安時代の作家、歌人。一条天皇の中宮、彰子に仕えながら、1007~1008年頃に『源氏物語』を完成されたとされる。他の作品として『紫式部日記』『紫式部集』などが残っている。

「2018年 『源氏物語 姫君、若紫の語るお話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紫式部日記 (岩波文庫)のその他の作品

紫式部日記 単行本 紫式部日記 紫式部

紫式部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ウィトゲンシュタ...
谷崎 潤一郎
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

紫式部日記 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする